このページの先頭です

子育て・相談

最終更新日 2019年3月29日

歯科健診・歯科相談・歯磨きのアドバイスを行っています。(妊産婦の方は歯科相談のみ)

検診・健康教室・相談の日程

  • 対象:0歳からの未就学児・妊産婦
  • 持ち物:母子健康手帳・歯ブラシ(妊産婦の方は母子健康手帳のみ)

乳幼児から学童期、思春期までのお子さんについて、あらゆる相談に教育相談員・学校カウンセラー・保育士・保健師が電話などで応じます。

≪日程≫月~金曜日
≪場所≫鶴見区役所3階4番窓口
≪時間≫8時45分から17時
≪電話≫045-510-1840

来る日も来る日も、「ママ生活」が続いていれば、ぼやき、つぶやきがいっぱい出てきて当たり前。
たまには子どもと離れてゆっくりとお茶でも飲みながら、自分の気持ちをつぶやいてみましょう!!
また仲間のつぶやきにも耳を傾けてみたら、ちょっぴり心のリフレッシュができるかも・・・。
気持ちがパンクする前に心の風通しを・・・。
関心のある方、参加を希望される方はどうぞ気軽に連絡下さい。

  • 日程:原則毎月1回月曜日(詳しくは下記日程表を参照してください。)
  • 時間:10時から11時30分 (受付開始:9時45分から)
  • 会場:鶴見区役所1階 検査室、一般健康相談室(保育)
  • 対象:鶴見区にお住まいで、就学前のお子さんの養育者
  • 予約:保育:あり。保育が必要な方は、開催日の前の週の水曜日までにお申し込みください。
    ※ 保育の持ち物
    飲み物(お茶、お水)・ミルク一式・おむつ一式・着替え・フェイスタオルなど、全てに名前を記入し袋に入れてお持ちください。
  • 申込方法:開催月の1日から申込み開始(お電話か、窓口にてお申込みください)
    ※ 受付時間は8時45分から17時15分です。電話番号:045-510-1850

平成31年度ゆあたいむ日程表(PDF:576KB)

女性のからだに関する御相談をお受けしております。

  • 内容:思春期・更年期・不妊相談・家族計画・母乳相談 等
    ※乳房トラブルに関しては対応しておりません。

電話相談は随時受付しています。 (電話番号: 045-510-1850)
面接相談を希望される方は予約が必要です。

平成12年11月20日、「児童虐待の防止に関する法律」が施行されました。
この法律はいま多発して問題になっている児童虐待の速やかな保護を目的としています。
「児童虐待」とは児童(18歳未満)の保護者がその監護する児童に対し、次の行為をすることをいいます。

  1. 児童の身体に外傷が生じ、または生じるおそれのある暴力を加える。
  2. わいせつな行為
  3. 心身の正常な発達を妨げるような著しい減食または長時間の放置など。
  4. 著しい心理的外傷

このような時は一人で悩まずに,ご相談ください。

  • いらいらしてつい子どもにあたってしまう。
  • 子どもをたたいてしまう。
  • 子どもがかわいく思えない。
  • 子どもを産まなければ良かったと思っている。
  • 子育てが思い通りにいかず、自分を責めてしまう。

ヨコハマはぴねすぽっと「こども虐待の防止」のページへ(横浜市こども青少年局のページ)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

鶴見区福祉保健センターこども家庭支援課

電話:045-510-1797

電話:045-510-1797

ファクス:045-510-1887

メールアドレス:tr-kodomokatei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:409-401-116

先頭に戻る