このページの先頭です

アートによる緑区の魅力発信事業(令和3年度)

最終更新日 2021年10月28日

十日市場まちかどアートフェスティバル

十日市場まちかどアートフェスティバルの画像

開催期間

  • 2021年10月30日(土曜日)から11月21日(日曜日)まで

開催場所

十日市場センター地区の案内図

プログラム

ひかりの実

2011年の東日本大震災をきっかけに、アーティスト髙橋匡太が考案した参加型アートプロジェクトです。
緑区でも生産が盛んな梨などの果物を育てるときに使われる「果実袋」に子どもたちをはじめ地域の方が笑顔を描き、LED電球を詰めることで色とりどりの笑顔が十日市場の街角を彩ります。
緑区では、「スマートイルミネーション新治(2012~2014年度)(外部サイト)」や「山下学舎(まなびや)文化祭(2020年度)(外部サイト)」で同様のワークショップや作品展示を行いました。

参加アーティスト

髙橋匡太(外部サイト)

制作・展示個数

400個

制作協力(敬称略)

一般社団法人横浜グリーンバトン倶楽部、株式会社東急イーライフデザイン クレールレジデンス横浜十日市場、ポピンズナーサリースクール横浜十日市場、みどりさくら保育園、あさひが丘幼稚園、十日市場保育園、新治保育園、みどり福祉ホーム(順不同)

ハローサンリク-東日本大震災から10年「ひかりの実」特別プログラム-

全国各地から東北に「笑顔」を届ける参加交流型アートプロジェクト「ハローサンリク-東日本大震災から10年「ひかりの実」特別プログラム-」(主催:象の鼻テラス、特別協賛:株式会社FREEing)と連携して、展示後の作品400個を宮城県気仙沼市へ送り、現地で制作した「ひかりの実」と合わせて展示します。

展示期間

2021年12月19日(日曜日)~2022年1月16日(日曜日)

展示会場

気仙沼中央公民館(宮城県気仙沼市内の脇一丁目16番6号)

仮囲いアート「十人十色 in 十日市場」、「きょう富士山見えた?」

工事中のマンション仮囲い(22街区)に「地域」と「多様性」をテーマとしたアート作品「十人十色 in 十日市場」を展示します。
また、十日市場から見える富士山や区内の富士塚などをアートの目線から紹介する「きょう富士山見えた?」も展示します。
芸術の秋、秋空の下でお散歩をしながらアート鑑賞をお楽しみください。

参加アーティスト

都筑アートプロジェクト

伝言板アート「未来へのメッセージ伝言板」

太鼓橋のたもとにある理容室の前には、大きな黒板を使った伝言板アートが設置されます。
この伝言板は、誰でも自由にメッセージや落書きを描くことができます。
感じたこと、思ったこと、伝えたいこと、表現したいことなどを何でも描いてみてください。

参加アーティスト

都筑アートプロジェクト

チラシダウンロード

十日市場のチラシ画像

山下学舎(まなびや) 文化祭

山下学舎文化祭の画像

開催期間

  • 2021年11月9日(火曜日)から11月28日(日曜日)まで
    【開館時間】9:00から17:00まで(日曜日は12:30まで)
    【休館日】日曜日午後、月曜日、祝日

開催場所

  • 山下地域交流センター(横浜市緑区北八朔町1777-1)
    JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン中山駅北口から
    【のりば2】青葉台駅行きバス(市営・東急・神奈中)「山下小学校前」下車徒歩2分
    【のりば4】谷津田原循環バス(市営)「保寿院前」下車徒歩2分

山下地域交流センターの案内図

プログラム

木造校舎

会場の「山下地域交流センター」は、昭和17(1942)年に建築された山下小学校の木造校舎を活用しており、県内で唯一現存する戦中期の木造校舎です。
また、山下小学校は、横浜市で最も古い小学校の1つとして明治期に「中村 学舎 (がくしゃ)」として創立した歴史ある学校です。
今回は、昭和61(1986)年3月の山下小学校分校の廃校直後の貴重な姿を収めた「建築記録集」の写真28点(外部サイト)も展示します。

黒板アート

木造校舎に眠っていた黒板に描かれた黒板アート作品「緑区、みつけた!」をはじめ、子どもたちと一緒に11月13日のワークショップで制作する全長5.4mの迫力ある作品などを展示します。
また、黒板アート甲子園Ⓡ(外部サイト)入賞作品のパネル展を行います。

参加アーティスト

橋場 こゆき、林 利緒奈

農機具

その名のとおり緑が多く、田んぼや浜なしなどの果樹園が広がっている緑区。
実際に山下地区で使われていて、地域の方から寄贈された古い農機具や生活用具を展示します。
昨年度は、古い農機具等とアートのコラボ「土地の記憶とアート」を開催しました。

子どもたちの作品展示

緑区や身近な地域を題材にした地域学習の成果や作品等を展示します。

参加する小学校

山下小学校

昨年度の様子をオンライン配信中!

黒板アート作品の制作風景や映像作品(外部サイト)、館内の様子を収めた360度パノラマ画像(外部サイト)などを自宅のパソコンやスマートフォン等からご覧いただけます。

新型コロナウイルス感染症対策及び協力依頼

  • せき、鼻水、のどの痛み、発熱など、感染症等の感染が疑われる症状がある場合はご参加いただけません。
  • ご来場の際は、マスクの着用、入口での検温及び手指消毒等のご協力をお願いします。
  • 新型コロナウイルス感染症の状況により、イベント内容の変更や一部中止等する場合は、緑区ホームページでお知らせします。

チラシダウンロード

山下学舎文化祭のチラシ画像

主催

横浜市緑区

協力(敬称略)

十日市場まちかどアートフェスティバル

ドレッセ横浜十日市場管理組合、一般社団法人横浜グリーンバトン倶楽部、株式会社東急イーライフデザイン クレールレジデンス横浜十日市場、理容ロケット、相鉄不動産株式会社、伊藤忠都市開発株式会社、株式会社フジタ横浜支店、象の鼻テラス、株式会社FREEing、宮城県気仙沼市

山下学舎(まなびや) 文化祭

山下地域交流センター管理運営委員会、日学株式会社

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

緑区総務部区政推進課企画調整係

電話:045-930-2228

電話:045-930-2228

ファクス:045-930-2209

メールアドレス:md-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:993-967-371

先頭に戻る