このページの先頭です

みどりフォトニュース(令和3年度/2021年度)

最終更新日 2021年8月24日

2021年7月7日(水曜日)トウモロコシの収穫体験を開催しました!

鴨居・東本郷農業専用地区で、夏に旬を迎えるトウモロコシの収穫体験を開催しました。たくさんの応募の中から抽選で選ばれた16人が参加しました。
生産者から、栽培に込める思いや「ふっくら完熟していておいしい」というお話がありました。
畑には、背が高く伸び、大きく実が膨らんだトウモロコシがたくさんなっていました。
参加者は、みずみずしくて甘いトウモロコシを味わうのを心待ちにしながら、収穫を楽しんでいました。

当日の詳細の様子

2021年6月26日(土曜日)「飼い主とペットの災害対策 ~飼い主力と防災力~」 が開催されました

現在、緑区ではペットとして約7500頭の犬が飼われ、猫はそれ以上飼われていると推定されています。そのため、災害発生時には、多くの人がペットを連れて避難することが考えられます。
講師は、支援等を通して被災地の状況を知る専門家である、人と動物の防災を考える市民ネットワーク・NPO法人アナイス理事長の平井潤子さん。
専門家の立場から、災害のことや同行避難、飼い主の日ごろからの備えなどについて豊富な写真をまじえて分かりやすく解説してくれました。

2021年6月25日(金曜日)緑区には多くの貴重な生物が生息しています

アジサイが見頃です。緑区内では森や川で多くの市民ボランティアが間伐作業や水田保全、除草・清掃等の活動をしています。そのおかげで、多くの貴重な生き物が生息する環境が今も保全されています。

2021年5月7日(金曜日)・12日(水曜日)「花と緑のサポーター養成講座」が開講されました

緑土木事務所主催の令和3年度「花と緑のサポーター養成講座」の第1回が開講され、41人の公園愛護会、ハマロードサポーター、自治会の皆さんが2班に分かれて花のプラグ苗の移植、土づくり等を楽しみながら学びました。
「花壇の花を上手に育てる」をテーマとして、地域の花と緑を守り育てることを実践的に学ぶため、年間10回の講習会を予定しています。小さな苗が成長して、季節を美しく彩ることが期待されます。

2021年4月20日(火曜日)連続無火災を達成した長津田自治連合会と霧が丘連合自治会へ感謝状を贈呈しました!

長津田自治連合会は、2021年2月5日(金曜日)をもって、半年間(180日)連続無火災の記録を達成しました。
霧が丘連合自治会は、2021年3月2日(火曜日)をもって、2年間(730日)連続無火災の記録を達成しました。
この記録達成に伴い、2021年4月20日の緑区連合自治会長会にて「市民防災の日」緑区推進委員会(委員長:岡田区長)から感謝状を井上会長(長津田自治連合会)と塚田会長(霧が丘連合自治会)へ贈呈しました。

2021年4月20日(火曜日)緑区の公園では、春の花が満開です

緑区内には、花壇のある公園が73カ所あります。日々、公園愛護会の方々が、清掃や見回りを行ってきれいに美しく安全に公園を維持しつつ、花壇に種をまいたり、苗を植えたり、水やりをしたりして花を育てています。春になってベニジウム、パンジー、ダイアンサスなどの花々が彩り豊かに咲いています。

このページへのお問合せ

緑区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-930-2220

電話:045-930-2220

ファクス:045-930-2225

メールアドレス:md-home@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:213-536-859

先頭に戻る