このページの先頭です

まち 環境保全・公害・土地・道路

最終更新日 2018年10月29日

環境保全

環境アセスメント

道路や工場の建設などで、一定規模以上の開発が行われる場合、その事業が環境に配慮して行われるように、「横浜市環境影響評価条例」に基づき、環境アセスメントが実施されます。事業が環境に及ぼす影響を予測・評価した結果などを公表し、意見を受け付けます。詳細は【環境創造局】環境アセスメントのページをご覧ください。

【問合せ】
環境創造局 環境影響評価課
TEL:045-671-2495 FAX:045-663-7831

環境保全活動団体に助成

自然環境の保全、環境美化・緑化、省資源・省エネルギー、リサイクルなどの活動を行う団体に助成します。詳細は【環境創造局】横浜市環境保全活動助成制度のページをご覧ください。

【問合せ】
環境創造局 環境活動事業課
TEL:045-671-2484 FAX:045-224-6627

横浜環境保全活動賞

地域で環境保全の取組を積極的に行っている個人・団体・企業の皆さんを表彰します。応募用紙は毎年、12月~1月ごろ公共施設などで配布します。詳細は【環境創造局】横浜環境活動賞のページをご覧ください。

【問合せ】
環境創造局 環境活動事業課
TEL:045-671-2484 FAX:045-224-6627

大型店の出店計画等を知るには

大規模小売店舗の出店や変更に関する書類を一定期間、縦覧することができます。また、店舗の設置者に対し、その周辺地域の生活環境への配慮を求めるための意見を、定められた書式で述べることができます。

【問合せ】
経済局 産業立地調整課
TEL:045-671-2590 FAX:045-664-4867

公害被害の相談は

主に事業活動に伴って生じる大気汚染、水質汚濁、騒音、振動、悪臭などでお困りのときはご相談ください。

【問合せ】
環境創造局 規制指導課
TEL:045-671-2486 FAX:045-681-2790

自動車、電車、飛行機などから生じる騒音、振動、排出ガスでお困りのときはご相談ください。

【問合せ】
環境創造局 交通環境対策課
TEL:045-671-2492 FAX:045-681-2790

公害健康被害者の方へ

昭和63年以前に「公害健康被害認定患者」として認定された方に医療費・障害補償費等の補償給付と、健康回復のための転地療養・リハビリテーションなどを行っています。

【問合せ】
健康福祉局 保健政策課
TEL:045-671-2482 FAX:045-663-4469

地籍調査の成果を見るには

市では土地の基礎資料として一筆ごとの土地について、地番、地目、所有者、面積等の調査・測量を行い、地籍図と地籍簿を作成しています。
この成果は法務局の登記簿や公図に反映しています。なお、実施していない地区もありますので、あらかじめご確認ください。

【問合せ】
環境創造局 地籍調査課
TEL:045-671-2619 FAX:045-662-3630

土地取引をしたとき

市内で一定の広さ以上の土地取引をし、権利を取得した方は、契約締結後2週間以内に、国土利用計画法に基づく届出が必要です。詳しくはお問い合わせください。

【問合せ】
都市整備局 企画課
TEL:045-671-3953 FAX:045-664-4539

道路

道路に穴があいていたり、路肩が崩れているなど交通に支障があるときは、ご連絡ください。また、道路と民有地の境界がわからない場合は、お問い合わせください。

【問合せ】
緑土木事務所
TEL:045-981-2100 FAX:045-981-2112

私道を公道にする

手続きが必要ですので事前にご相談ください。

【問合せ】
道路局 路政課課
TEL:045-671-2766 FAX:045-651-6254

河川や水路を占用するときは

市が管理する河川や水路に通路橋をかけたり、水道管やガス管などを設置する場合は、「占用許可」が必要です。また、既に水路などを使っていて許可を受けていない場合は、土木事務所にご相談ください。

【問合せ】
緑土木事務所
TEL:045-981-2100 FAX:045-981-2112

このページへのお問合せ

緑区緑土木事務所

電話:045-981-2100

電話:045-981-2100

ファクス:045-981-2112

メールアドレス:md-doboku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:580-424-059

先頭に戻る