このページの先頭です

みどり「ひと・まち」スクール

みどり「ひと・まち」スクールは、地域活動に携わる人材の「発掘」「育成」を目的とした区民向け講座です。全7講の講座を通じて、地域の課題解決や魅力づくりの手法を幅広く学びます。

最終更新日 2020年12月1日

コンセプト

  • 緑区を知り、人とふれあい、もっと好きなまちにしたいと考えている人たちの出会いの場です。
  • 地域で「役立ちたい」「貢献したい」と考えている人たちの「思い」を実現するための学びの場です。
  • 地域の市民活動や自治会活動に参加している人たちの成長の場です。

令和2年度講座実施状況

第1講(7月18日(土曜日))

基調講演においてスクールの趣旨や横浜市の地域活動を説明し、次いで6期生の自己紹介を行いました。その後、オリエンテーションでは講座全体の流れなどを説明しました。なお、Zoomによる配信も実験的に実施しました。

第2講(8月22日(土曜日))

区内で活動している3つの団体の代表者の皆様から、「活動を始めたきっかけ、活動の苦労、やりがい」などをお話しいただきました。その後、受講生自身の「資源に気づく」ことを目的に、「すきなこと(趣味)」「得意なこと」を発表しました。

第3講(9月12日(土曜日))

講演を通じて緑区の成り立ちや関連施設、地域活動を進めるための要素(「ひろがり」と「時間」)について学びました。その後、講師と受講生とのトークセッションを行いました。また、Zoomを活用して修了生とのチャットやトークを行いました。

第4講(10月3日(土曜日))

「私のやりたいことが地域のどんな課題解決につながるのか」という視点から、受講生が考え発表した内容に対し、講師やナビゲーターが感想やアドバイスなどのコメントをつけていくワークショップを実施し、夢プランの具体的な作成を取り組みました。また、Zoom参加者もチャットにて意見等を出してもらいました。

第5講(10月31日(土曜日))

前回に引き続き夢プランの作成に取り組み、グループディスカッションや模造紙にプランを掲示しての「展覧会」などにより、お互いのプランを見せ合い、話し合う事で、足りない要素の発見や新たな視点の獲得を目指しました。来場できなかった受講生のプランをZoom内でディスカッションを行うなどの新たな取り組みも行いました。

修了式(11月14日(土曜日))

修了式として、修了証書、皆勤賞、受講証明書の授与を行いました。その後受講生より「夢プラン」の発表があり、学長が講評を行いました。

過去の講座情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

緑区総務部地域振興課地域力推進担当

電話:045-930-2237

電話:045-930-2237

ファクス:045-930-2242

メールアドレス:md-chiikiryoku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:613-495-762

先頭に戻る