このページの先頭です

老朽給水管改良促進事業

最終更新日 2022年2月2日

道路内の配水管からご家庭への引込管のうち、水道メーターまでにある老朽化した給水装置(老朽給水管)を、お客さまからの申込に基づき、水道局の負担で耐震性に優れた給水管(ステンレス管)へ改良します。
※令和2年度受付分から試行的に対象範囲の拡大を行います。
道路内老朽給水管改良工事について~対象範囲等の拡大~(PDF:231KB)

1.老朽給水管とは

口径50mm以下の給水管で、次の各号に掲げる管種以外の給水管をいいます。

  1. 水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管(SGP-VB)のうち、昭和50年度以降(※令和2年6月30日までは昭和61年度以降)に布設されたもの(※試行による拡大)
  2. 水道用ポリエチレン二層管(PP)
  3. 水道用波状ステンレス鋼管(CSSP-SUS316)
  4. 水道用ステンレス鋼鋼管(SSP-SUS316)
  5. 水道用耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管(HIVP)
  6. ダクタイル鋳鉄管

2.施工範囲

改良工事の施工範囲は、配水管の分岐から水道メーターまでとなります。(※試行による拡大)
ただし、原則として道路に平行して布設された部分は除きます。

3.適用条件

  1. 構造物その他管理者の施工する改良工事に支障となるものがないこと。
  2. 改良工事の施工に当たり道路管理者その他関係機関の許可を得られるものであること。

4.適用の除外

適用条件を満たす場合であっても、給水管の所有者が国及び地方公共団体の場合は、適用の対象外となります。

5.改良工事の施工時期

工事着手まで概ね3か月程度かかります。
※工事の施工は、申請の受付順により順次施工しており、施工する行政区や時期によっては、工事着手まで6か月程度かかる場合もありますので、ご了承ください。

6.申請書類

7.事業開始日(受付日)

平成26年7月1日(火曜日)から

8.お問い合わせ・お申し込み先

お問い合わせ・お申し込み先
お住まいの区担当課電話番号
港北区、都筑区菊名水道事務所531-4181
鶴見区、神奈川区鶴見水道事務所521-2321
旭区、泉区、瀬谷区三ツ境水道事務所363-1541
緑区、青葉区青葉水道事務所974-2331
西区、中区、南区、保土ケ谷区中村水道事務所252-9001
港南区、磯子区、金沢区洋光台水道事務所833-7491
戸塚区、栄区戸塚水道事務所871-6461

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

水道局給水サービス部給水維持課

電話:045-671-3069

電話:045-671-3069

ファクス:045-212-1167

メールアドレス:su-kyusuiiji@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:231-781-205

先頭に戻る