このページの先頭です

「世界食料デー」月間連携イベント WORLD FOOD NIGHT

最終更新日 2022年10月14日

世界食料デー月間とは

「世界食料デー」月間

10月16日の世界食料デーをきっかけに、飢餓や食料問題について考え、解決に向けて一緒に行動する1か月です。
日本では2008年から「世界食料デー」のある10月を「世界食料デー」月間とし、日頃から飢餓や食料問題の解決に向けて活動するNGO/NPO、国連機関が共同で情報発信を行っています。

食料問題の現状

世界ではすべての人が食べられる量の食料が生産されているのに、10人に1人が十分に食べられていません。
一方で、世界では生産された食料の1/3が捨てられています。

貧困や格差、気候変動などのさまざまな問題の解決を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」では、2030年までに「飢餓をゼロに」することや、フードロスを減らすことを目指していますが、世界を変えるためにはたくさんの人の行動が必要です。

WORLD FOOD NIGHT 2022 with 横浜(終了しました)

10月の食品ロス削減月間・「世界食料デー」月間に、資源循環局では、「世界食料デー」月間2022(注釈)と共催で、「フードロス~「もったいない」の先を考えよう」をテーマにオンラインイベントを開催します。


「フードロス」を起点に、世界の飢餓、気候変動、日本のフードシステムなどについて、それぞれの分野に精通している3名の方からお話をうかがいます。インタビュアーを務めるのは、日本や世界の食料問題について学んできた高校生・大学生です。


フードロスをめぐる社会・環境の課題を知り、一緒に「もったいない」の先を考えてみませんか?


(注釈)「世界食料デー」月間2022とは:日頃から飢餓や食料問題の解決に向けて様々な活動を行っているNGO/NPOや国連機関などで構成される団体です。

イベントレポート

アーカイブ

詳細

日時

10月7日(金曜日)19:00-20:30

開催方法

リモートシステム「Zoomウェビナー」を用いてオンラインで実施

定員

450名(先着)

参加費

無料

プログラム

  1. 学生インタビュアーからの課題提起
  2. 登壇者へのインタビュー
  3. 参加者から学生・登壇者への質疑応答
  4. グラフィックレコーディングの共有

登壇者一覧

日比 絵里子(ひび えりこ)氏


国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長


国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長。兵庫県神戸市出身。上智大学法学部で法学士、英国レディング大学大学院で国際関係学修士号、米ワシントンDCジョンズホプキンズ大学大学院SAISでも国際関係学修士号を取得。卒業後、銀行や新聞社勤務を経て、1995年4月に国連人口基金(UNFPA)ニューヨーク本部でJPOとして採用される。その後アジア局アフリカ局での勤務の後、UNFPAウズベキスタン事務所(中央アジア5カ国担当)に副所長として赴任。アフガン危機を受けてタジキスタンからアフガニスタンへの越境支援も実施した。その後UNFPA本部人道支援局、アジア太平洋地域事務所での経験を経て、2010年にFAO本部戦略企画室にシニア・オフィサーとして出向異動。本部勤務2年後、紛争下のシリア事務所長を3年半勤めた。その間、シリア国内において、国内避難民、受け入れ地域、反政府占領地域住民、遊牧民などと対象とした幅広い人道支援活動を実施した。2016年9月にサモア独立国アピアにてFAO大洋州事務所長として着任。生活習慣病や肥満の蔓延に直面する大洋州14カ国を対象に、より栄養に配慮した食料システムを構築貢献に努めた。
2020年9月より現職。


日比 保史(ひび やすし)氏


コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 理事


兵庫県芦屋市生まれ。甲南大学理学部卒業、デューク大学環境大学院修了。
株式会社野村総合研究所、国連開発計画(UNDP)を経て、2003年4月より、国際NGOコンサベーション・インターナショナル日本プログラム代表。
現在CIジャパン代表理事兼CIバイスプレジデントとして、CIジャパンが行うプロジェクトの全体管理やビジョンの策定、大学での講義や講演、省庁への政策提言、企業アドバイザーを行うなど幅広い業務を担っている。


大熊 拓夢(おおくま たくむ)氏


オイシックス・ラ・大地株式会社 コーポレートコミュニケーション部 部長


2005年、長期インターンシップ生としてオイシックス(株)へジョインし、社長の業務サポートや、スイーツ専門サイト「Okasix」副店長としてECサイトを運営。08年、オイシックス(株)に新卒入社。同年より広報担当となり、パブリシティを中心に、テレビ、新聞、雑誌などの取材対応を行う。
12年広報室長に就任。「大地を守る会」「らでぃっしゅぼーや」との経営統合に関する広報業務などを経験。18年からは社会課題の解決を推進するソーシャルコミュニケーションの責任者に就任。

共催

「世界食料デー」月間2022・横浜市資源循環局

過去のイベントレポート

このページへのお問合せ

資源循環局政策調整部3R推進課

電話:045-671-3593

電話:045-671-3593

ファクス:045-550-3510

メールアドレス:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:666-687-818

先頭に戻る