このページの先頭です

フードシェアリングサービスを活用しよう!

最終更新日 2020年7月31日

フードシェアリングとは

フードシェアリングとは、食品ロス削減に関する取組の1つで、何もしなければ廃棄されてしまう商品を消費者のニーズとマッチングさせることで食品ロスの発生や、無駄を減らす仕組みです。

横浜市が連携するフードシェアリングサービス

KURADASHI(株式会社クラダシ)

KURADASHIとは

食品ロスになる可能性のある商品を、食品ロス削減に賛同するメーカーから協賛価格で提供を受け、お手頃価格で消費者(会員)に販売します。
さらに購入代金の一部を社会貢献団体へと寄附することができる社会貢献型ショッピングサイトです。

横浜市との連携(令和2年2月~)

「KURADASHI」の仕組みを使い市内食品メーカー等の食品ロスを削減するとともに、消費者が購入した代金の一部を市内で活動するフードバンク団体に寄附し、活動を支援するため連携して取り組んでいます。


KURADASHIチラシ

TABETE(株式会社コークッキング)

TABETEとは

まだおいしく食べられるにもかかわらず、閉店時間や賞味期限などの理由からお店が捨てざるを得ない料理や食品をアプリに掲載し、登録ユーザーにつなぐフードシェアリングサービスです。

横浜市との連携(令和元年6月~)

食品ロス削減を目指し、横浜市が取り組む「食べきり協力店事業」やフードシェアリングに関する事業の認知度向上、フードシェアリングを含めた食品ロス削減に関する広報・PR活動に向け、相互に連携して取り組んでいます。


TABETEチラシ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

資源循環局政策調整部3R推進課

電話:045-671-3593

電話:045-671-3593

ファクス:045-550-3510

メールアドレス:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:875-010-232

先頭に戻る