このページの先頭です

市では収集しない『家電製品』の出し方

最終更新日 2019年1月24日

以下の家電製品については、家電リサイクル法に基づいた処分が必要となります(横浜市では回収ができません)。
これ以外の家電製品については、ごみと資源物の出し方一覧表(外部サイト)をご覧ください。

また、対象の製品であっても家電リサイクル法に該当しないものもあります。品目のリンクをクリックして確認してください。

品目一覧
※品目名をクリックすると、対象商品に関する詳細がご覧いただけます。

エアコンの画像
エアコン

テレビ
テレビ(液晶・プラズマ含む)

冷蔵庫
冷蔵庫冷凍庫

洗濯機
洗濯機衣類乾燥機


※業務用製品の取り扱い
家電リサイクル法では、専ら業務用として製造・販売されているものを家庭用として使用した場合は対象外となります。逆に、家庭用機器を業務用として使用していた場合は対象となります。

リサイクル申込の方法

廃棄の状況に応じて、以下のいずれかの方法で手続きを行ってください。

お知らせ
横浜家電リサイクル推進協議会受付(引き取り申し込み先)及び指定引取場所(直接搬入先)、家電リサイクル協力店には、夏期休業日や年末年始休業日等で受付を行わない日がありますのでご注意ください。詳細はそれぞれの受付にお問い合わせください。

家電製品の申込み

ケース


申込・持込先

必要な経費

支払い方法

過去に購入した小売店が分かる場合矢印小売店へ申込

リサイクル料金(外部サイト)
収集運搬料金

対象の小売店にお問い合わせください。
新しい製品(同じ種類の機器)を購入する場合矢印
購入した店舗が不明な場合矢印横浜家電リサイクル推進協議会へ申込

リサイクル料金(外部サイト)
収集運搬料金

収集時に現金で支払い、家電リサイクル券を受け取ります。
矢印家電リサイクル協力店へ申込対象の店舗にお問い合わせください。
ご自身で機器を運搬できる場合矢印市内・近郊の指定引取場所へ直接搬入

リサイクル料金(外部サイト)
(収集運搬料金はかかりません)

事前に郵便局にある家電リサイクル券を使って「リサイクル料金」を振り込みのうえ、持ち込んでください。

料金について

家電リサイクル法の対象品目の廃棄には、「リサイクル料金」と「収集運搬料金」がかかります。

外部情報

■市民の方から問い合わせの多い質問はこちらに掲載されてますのでご参照ください。

■家電リサイクル法の詳細、周辺情報等については下記ホームページもご参照ください。

※なお、本サイト内に掲載しているリンク先サイトの内容は、各々のリンク先サイトに帰属するものであり、横浜市がその内容を保証するものではありません。
本サイト内に掲載しているリンク先サイトのご利用は、リンク先サイトに記載されている利用条件等に従ってご利用ください。また、リンク先サイトの利用によって発生したあらゆる損害については、横浜市がその責任を負うものではありません。

このページへのお問合せ

資源循環局家庭系対策部業務課

電話:045-671-3816

電話:045-671-3816

ファクス:045-662-1225

メールアドレス:sj-gyomu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:858-701-301

先頭に戻る