このページの先頭です

横浜ブルーカーボン・過去に実施したイベント

最終更新日 2019年12月26日

横浜ブルーカーボン事業

実施予定のイベント

近日中に実施予定のイベント情報はこちら

過去に実施したイベント

ブルーカーボン・シンポジウムin横浜

「横浜ブルーカーボン」について広く市民の皆様にご理解いただくとともに、国内外にこの取組に関する情報を発信するためにシンポジウムを開催しています。

第7回ブルーカーボン・シンポジウム

~海洋都市横浜の目指す持続可能な社会~  (2019年2月21日)

第6回ブルーカーボン・シンポジウム

~海洋都市横浜の目指す持続可能な社会~  (2018年1月17日)

第5回ブルーカーボン・シンポジウム

~横浜の海からはじまる脱炭素社会~  (2017年3月4日)

第4回ブルーカーボン・シンポジウム

~知る、遊ぶ、横浜の里海からはじまる~  (2016年1月27日)

第3回ブルーカーボン・シンポジウム

~海のちから、海洋都市横浜~  (2015年1月20日)

第2回ブルーカーボン・シンポジウム

~海洋都市ヨコハマの始動~  (2014年3月20日)

第1回ブルーカーボン・シンポジウム

~横浜の海から脱温暖化~ (2013年1月23日)

横浜・八景島シーパラダイスでの環境啓発

株式会社横浜八景島との協働により、夏休みに東京湾の海の生きものを観察するツアーや、わかめの植付けから収穫までを子供たちが体験するイベントなどを開催しています。

グリーンキッズ

グリーンキッズ2019・夏  ~東京湾の生きもの観察ツアー~  (2019年8月20,21日)

グリーンキッズ2018・夏  ~東京湾の生きもの観察ツアー~  (2018年8月21,22日)

グリーンキッズ2017・夏  ~東京湾の生きもの観察ツアー~  (2017年8月22,23日)

グリーンキッズ2016・夏  ~東京湾の生きもの観察ツアー~  (2016年8月24,25日)

グリーンキッズ2015・夏  ~東京湾の生きもの観察ツアー~  (2015年8月17,18日)

グリーンキッズ2014・夏  ~東京湾の生きもの観察ツアー~  (2014年8月18~20日)

グリーンキッズ2013・夏  ~東京湾の生きもの観察ツアー~  (2013年8月19~21日)

グリーンキッズ2012・夏  ~東京湾の生きもの観察ツアー~  (2012年8月20~22日)

グリーンキッズ2011・夏  ~飼育員と東京湾の生きもの観察ツアー~  (2011年8月22~25日)

わかめの植付け・収穫イベント

2018年度  (2018年12月9日/2019年3月3日)

2017年度  (2017年12月9日/2018年3月10日)

2016年度  (2016年12月10日/2017年3月4日)

2015年度  (2015年12月12日/2016年3月5日)

2014年度  (2014年12月13日/2015年2月28日)

2013年度  (2013年12月14日/2014年3月2日)

2012年度  (2012年12月15,16日/2013年3月23,24日)

2011年度  (2011年12月4日/2012年3月24日)

トライアスロン大会等におけるブース出展

海藻おしば教室や自転車発電などによる事業PRや、わかめの地産地消の推進を目的とした地元産わかめの試食会などを行っています。

世界トライアスロンシリーズ横浜大会

2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会 (2016年5月14・15日@山下公園)

・海藻おしば教室
海藻おしばの体験を通じて、子供たちにブルーカーボンや環境保全に関する啓発を行いました。海藻おしば教室では、海藻おしば協会の皆さまにご協力いただきました。

・自転車発電
トライアスロン用バイク(大人用と子供用)による発電を体験するコーナーを出展し、エネルギーや地球温暖化に関する啓発を行いました。

2015世界トライアスロンシリーズ横浜大会 (2015年5月15・16日@山下公園)

・海藻おしば教室
海藻おしばの体験を通じて、子供たちにブルーカーボンや環境保全に関する啓発を行いました。海藻おしば教室では、海藻おしば協会の皆さまにご協力いただきました。

・自転車発電
トライアスロン用バイク(大人用と子供用)による発電を体験するコーナーを出展し、エネルギーや地球温暖化に関する啓発を行いました。

・横浜産わかめ試食
わかめの地産地消の推進によりCO2削減に繋げていく取組として、横浜産わかめをしゃぶしゃぶで試食するコーナーを出展しました。

2014世界トライアスロンシリーズ横浜大会 (2014年5月17・18日@山下公園)

“海藻おしば”の体験を通じて、子供たちにブルーカーボンや環境保全に関する啓発を行いました。

グリーントライアスロン

2016グリーントライアスロン (2016年4月16日@山下公園)
2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会のプレイベントで、事業PRと啓発活動を行いました。

・海藻おしば教室
“海藻おしば”の体験を通じて、子供たちにブルーカーボンや環境保全に関する啓発を行いました。

2015グリーントライアスロン (2015年4月18日@山下公園)
2015世界トライアスロンシリーズ横浜大会のプレイベントで、事業PRと啓発活動を行いました。

・自転車発電
トライアスロン用バイクによる発電を体験するコーナーを出展し、エネルギーや地球温暖化に関する啓発を行いました。

・海藻おしば教室
“海藻おしば”の体験を通じて、子供たちにブルーカーボンや環境保全に関する啓発を行いました。

2014グリーントライアスロン (2014年4月19日@山下公園)
2014世界トライアスロンシリーズ横浜大会のプレイベントで、事業PRと啓発活動を行いました。

世界トライアスロンシリーズ横浜大会2014のプレイベントで、”海藻おしば”の体験を通じて、子供たちにブルーカーボンや環境保全に関する啓発を行いました。

シーサイドトライアスロン大会

第10回横浜シーサイドトライアスロン大会 (2019年9月29日@横浜・八景島シーパラダイス)

横浜・⼋景島シーパラダイス(⾦沢区⼋景島)において開催された、第10回横浜シーサイドトライアスロン⼤会EXPOへ出展しました。
地元・横浜で収穫されたわかめを使った、横浜市⽴⼤学料理部が調理・考案したスープを競技参加者・EXPO来場者へ提供しました。

第7回横浜シーサイドトライアスロン大会 (2016年9月25日@横浜・八景島シーパラダイス)

わかめの地産地消の推進によりCO2削減に繋げていく取組として、横浜市漁業協同組合の皆さまにご協力いただき、横浜産わかめの試食を行うブースを出展しました。

第6回横浜シーサイドトライアスロン大会 (2015年10月25日@横浜・八景島シーパラダイス)

わかめの地産地消の推進によりCO2削減に繋げていく取組として、地元産わかめの試食イベント「かなざわ八携(はっけい)Soup Bar(スープ・バー)」を開催しました。株式会社横浜八景島、関東学院大学、横浜市立大学を中心に「かなざわ八携協定」締結団体のご協力により、関東学院大学・横浜市立大学の学生が考案したレシピによるわかめスープの試食会を行いました

・横浜市立大学 料理部
意外とあっさり?でも満足「豆乳坦々ワカメスープ」

・関東学院大学 栄養学部 菅ゼミ
ありそうでなかった組み合わせ「わかトマスープ」

第5回横浜シーサイドトライアスロン大会 (2014年9月28日@横浜・八景島シーパラダイス)

わかめの地産地消の推進によりCO2削減に繋げていく取組として、横浜市漁業協同組合の皆さまにご協力いただき、横浜産わかめの試食をするブース出展しました。

東京湾大感謝祭

東京湾大感謝祭2016 (2016年10月22日@横浜赤レンガ倉庫)

わかめの地産地消の推進によりCO2削減に繋げていく取組として、地元産わかめの試食を開催しました。横浜市漁業協同組合及び横浜市立大学のご協力により、横浜市立大学の学生が考案したレシピによる横浜産わかめの試食会を行いました。

東京湾大感謝祭2015 (2015年10月24日@横浜赤レンガ倉庫)

わかめの地産地消の推進によりCO2削減に繋げていく取組として、横浜産わかめの試食をするブース出展しました。わかめしゃぶしゃぶを横浜市立大学の学生が考案したレシピのでレッシングで試食いただきました。

海の公園のブルーカーボン調査

“海の公園”は人工海浜であり、海域に繁茂する “アマモ”という海草は、自然を復活させようという市民の方々の活動によって再生されたものです。
“ブルーカーボン”によるCO2吸収量の算定手法はまだ研究途上にあるものですが、「横浜ブルーカーボン」では、2015年6月に事業としては世界で初めてとなる取組として、海の公園のアマモ場におけるCO2 吸収量(ブルーカーボンによる吸収量)の算定にチャレンジしました。この取組では、株式会社横浜八景島にご協力をいただくとともに、モニタリング調査に参加いただける市民の皆さまを募集して行いました。

ブルーカーボン検討委員会

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

その他

事業PRや環境啓発活動などに関する情報を掲載します。

「広報よこはま拾い読み」(2015年10月)

横浜市が発行する「広報よこはま」から記事をピックアップして紹介する「広報よこはま拾い読み」の10月号で「横浜ブルーカーボン」が特集されました。

「日本あん摩マッサージ指圧師会」による寄附(2014年12月)

第5回横浜シーサイドトライアスロン大会では、大会当日の「日本あん摩マッサージ指圧師会」のブースにおけるマッサージ代24,500円を「横浜ブルーカーボン」に全額寄附するとの申し出がありました。
寄附金はカーボン・オフセットと同様、横浜市漁業協同組合・株式会社横浜八景島によるCO2削減や環境保全等の活動に活用いただきました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部プロジェクト推進課

電話:045-671-4155

電話:045-671-4155

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-project@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:105-884-730

先頭に戻る