ここから本文です。

市民協働提案事業について

最終更新日 2024年6月26日

市民協働提案事業とは

市民協働条例の施行に伴い、横浜市から協働事業の相手方を募集したり、市民等から市に対して市民協働事業を提案することができるようになっています。募集や提案を受けた市民協働事業が実現されるよう支援していくのがこの事業の取組です。

支援内容

・ご相談いただいた事業の実現性を高めるために、市民局や市民協働推進センター等が事業の実現に向けたアドバイスやコーディネート

 などの伴走支援を行います。

・提案の事業化に向けて必要な経費の一部を選考により助成します。

 ※助成金の交付を伴わない場合や、提案内容を検討中の案件についても、申請に向けた相談は随時受付しております。

提案をするには

1 提案者の要件

次の要件を満たすもの

(1)横浜市内において、公共的又は公益的な活動を行っている法人、団体であること
(2)自らが主体となって課題解決、まちの魅力づくり等を行う意欲があること

※暴力団員等(横浜市暴力団排除条例第2条第4号に規定する暴力団員をいう。)及び暴力団経営支配法人等(横浜市暴力団排除条例第2条第5号に規定する暴力団経営支配法人をいう。)は対象外とします。


2 事業の要件

次の要件をすべて満たすもの

(1)公益的、社会貢献的な事業であって、協働事業を提案する市民等と横浜市が協働して取り組むことによって地域課題や社会的課題
   の解決が図られるもの
(2)実施を前提とした事業で、協働事業を提案する市民等が実施することが可能であるもの

※対象外となるもの
・営利を目的としたもの ・特定の個人や団体のみが利益を受ける事業
・政治、宗教、選挙活動 ・施設等の建設及び整備を目的とするもの
・地区住民の交流、親睦を目的とするイベント
・国や他の自治体および横浜市が実施している制度による助成を受けている経費


ご相談

市民協働提案事業の応募には、必ず事前相談が必要です。下記、「ご相談のお申込み」からご相談ください。事前相談の後に、その内容を踏まえ、「市民協働提案事業事前相談シート」をご提出いただきます。なお、提案になるかわからない相談などの場合でも随時お受けしております。

 ご相談先

  横浜市市民協働推進センター
 〒231-0005  横浜市中区本町6-50-10 横浜市市役所 1階
  (電話)045-671-4732 (FAX)045-223-2888
  (ご相談のお申込み) https://kyodo-c.city.yokohama.lg.jp/kyodoteian/(外部サイト)

令和6年度の募集について

令和6年度は2つの区分で提案を募集いたします。

市民協働提案事業 従来型とテーマ設定型

市民協働提案事業(行政によるテーマ設定型) 提案募集テーマ
設定テーマ
① 消防ホース等のアップサイクルと市民の防災・減災意識の向上

② 犯罪被害リスクを減らすための市民の防犯意識の向上




市民協働提案事業事前相談シート 提出期限

  • 従来型: 令和6年7月19日(金) <締切延長しました>
  • 行政によるテーマ設定型: 令和6年6月28日(金)

提出の前に事前相談が必要です。
【ご相談先】横浜市市民協働推進センター(https://kyodo-c.city.yokohama.lg.jp/kyodoteian/(外部サイト)
提案方法・スケジュール等についての詳細は募集要項をご覧ください。

令和6年度 募集要項

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

市民局地域支援部市民協働推進課

電話:045-671-4734

電話:045-671-4734

ファクス:045-223-2032

メールアドレス:sh-shiminkyodo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:107-552-367

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • SmartNews