このページの先頭です

親と子のつどいの広場

最終更新日 2020年5月27日

【重要】新型コロナウイルス感染症にかかる緊急事態宣言解除に伴う親子の居場所の再開について

緊急事態宣言解除を受け、親と子のつどいの広場の運営を再開します。

ただし「3密(密集・密室・密接)を避ける」「ソーシャルディスタンスを取る」などの対応は、
引き続き求められているため、ひろばの再開にあたっては、国が示す「新しい生活様式」に沿い、「利用組数を制限する」等、
以下に示す感染拡大防止対策を取っての再開となりますので、ご理解、ご協力いただけますようよろしくお願いします。

再開日は6月1日~8日までの間に、感染拡大防止策等の準備が整った施設から順次再開しますので、
各施設にお問い合わせください。

なお、イベント等については、規模を問わず、休止を継続させていただきますので、よろしくお願いします。

ア 利用者へのお願い
 ・保護者・お子さま、ご家族に発熱(37.5℃以上)や咳・くしゃみ・鼻水などの呼吸器症状や、体調不良がある場合は
  利用をご遠慮ください。
 ・ひろばのご利用前に、必ずせっけんを使って手洗いを行っていただきますようお願いします。
 ・咳エチケットに準じて、マスクを着用するなどのご対応をお願いします。
 ・施設において感染者が出た場合に、感染状況の把握を目的に保健所に情報提供するため、
  同意いただける場合は保護者の「氏名・連絡先」をひろばにご提供ください。
  なお、提供の有無に関わらず、ひろばは利用いただけます。

イ 感染拡大防止の対策
 ・各施設では「3つの密」を避けるため、居場所への入館人数を制限させていただいております。
  そのため、当日の入館人数によっては、ご利用をお断りさせていただく場合があります。
 ・施設内は、定期的に換気・消毒を行っております。
  (施設内消毒のため居場所の利用時間短縮や、利用休止時間を設けている場合があります)
 ・感染拡大防止のため、各施設のカフェコーナー、飲食の時間は中止とさせていただいております。
  水分補給以外の飲食はご遠慮ください。

「親と子のつどいの広場」とは

親と子のつどいの広場は、地域の子育て中の親子(主に0~3歳の未就学児と保護者)を対象に、
マンションの一室や商店街の空き店舗などで、次の活動を行っています。

  • 子育て親子の交流、つどいの場の提供
  • 子育てに関する相談の実施
  • 地域の子育て関連情報の収集・提供
  • 子育て及び子育て支援に関する講習の実施

広場を運営している団体

親と子のつどいの広場は、主にNPO法人などの市民活動団体が運営しています。
運営スタッフとして、地域の方々も活躍されています。
活動に興味のある方(運営に参加してみたい、活動のお手伝いがしてみたい、など)は、
各広場へ直接お問い合わせください。

親と子のつどいの広場一覧(令和元年12月更新)
青葉区旭区泉区磯子区神奈川区金沢区港南区港北区栄区
瀬谷区都筑区鶴見区戸塚区中区西区保土ケ谷区緑区南区

親と子のつどいの広場を運営したい!とお考えの団体へ

横浜市は、広場を運営している(これから広場を開設し、運営しようとする場合を含む)団体に
対して、運営経費等の補助を行っています。(横浜市親と子のつどいの広場補助事業)

令和元年度横浜市親と子のつどいの広場の新規運営団体を募集します!(令和元年9月12日更新)

今年度の募集は終了しました。

新規運営団体募集説明会案内のページ
募集対象地域(PDF:58KB)
募集要項
質疑回答(PDF:196KB)
選定結果(PDF:73KB)
・資料1選定委員会会議録(PDF:64KB)
・資料2選定委員会委員名簿(PDF:105KB)

お問い合わせ先

横浜市こども青少年局子育て支援課
電話番号:045-671-4157
ファクス:045-663-1985

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局子育て支援部子育て支援課

電話:045-671-4157

電話:045-671-4157

ファクス:045-663-1925

メールアドレス:kd-koshien@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:163-672-608

先頭に戻る