このページの先頭です

私学助成幼稚園 副食費の補助(補足給付事業)〈事業者・施設向け〉

こちらのページは事業者・施設向けになります。

最終更新日 2020年4月1日

保護者の方はこちら

1 概要

 補足給付事業は、私学助成幼稚園の利用者の食事の提供にかかる費用のうち、副食費(ごはん・パン等の主食を除いたおかず・おやつ・牛乳・お茶等分の食材料費)の費用を月額上限4,500円まで市が補助する制度です。
 副食費の補足給付にあたっては、園が保護者に代わって補足給付費を市に請求し、受領します。保護者の方には、副食費の補足給付費分について、減額対応または返金を行います。 

対象者

・年収360万円未満相当世帯の子ども
または
・第3子以降(小学校3年生までの子どもから順に数えて)の子ども

(注)
 年収360万円未満相当世帯の子ども・第3子以降(小学校3年生までの子どもから順に数えて)の子ども等については、こちら

2 対象となる園(市内)

(注) 食事提供実施状況の変更に伴って、補足給付の対象に変更がある場合は、下記担当までご連絡ください。

3 必要な手続き

(1) 補足給付補助対象者への対応

 補足給付対象者を区こども家庭支援課から園宛てにお知らせします。対象者を確認のうえ、対象者については、減額対応または返金を行います。

(例)減額対応の場合
給食費(a) うち副食費(b)

補足給付額(c)
(b)≧4,500→(c)=4,500
(b)<4,500→(c)=(b)

副食費にかかる
保護者負担額(b-c)

6,000円 5,000円 4,500円

500円

3,000円 2,500円 2,500円

0円


(参考)食事の提供にかかる副食費相当額の算出方法

(2) 補足給付費の請求

 横浜市より、対象児童一覧等を送付します。
 園は市に、請求書一式を提出してください。(3月・8月)
 その後、市から園に補足給付費を支給します。(5月・10月)

補足給付費の請求・給付スケジュール
対象となる給食実施期間 R1.10月~R2.3月 R2.4月~8月 R2.9月~R3.3月
請求(園→市) R2.3月末 R2.8月末 R3.3月末
給付(市→園) R2.5月 R2.10月 R3.5月

提出書類

(注)
・副食費の徴収に係る補足給付費助成対象児童実績報告書は、横浜市から送付される様式(「認定保護者名」、「園児名」及び「生年月日」を記入済)をご利用ください。

提出先

横浜市中区尾上町1-8関内新井ビル
横浜市こども⻘少年局保育・教育運営課 幼児教育・保育無償化担当

提出期限

令和元年10月~令和2年3月分の提出期限 : 令和2年3月31日(火曜日)

4 補足給付の対象有無の変更時期

(注)
 ・世帯の変更、修正申告等による税更新により、上記時期以外に変更になる場合があります。
 ・上記時期を含め、変更があった場合は、区役所より契約変更票にてお知らせします。

5 説明会資料・通知

(1) 説明会資料

・令和元年6月18日 幼児教育・保育の無償化に関する幼稚園・認定こども園向け説明会

・令和元年9月20日 幼児教育・保育の無償化に関する幼稚園・認定こども園向け説明会

・令和2年3月13日 幼児教育・保育の無償化に関する私学助成幼稚園向け説明会

(2) 通知等

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局子育て支援部保育・教育運営課

電話:045-671-3710

電話:045-671-3710

ファクス:045-663-1801

メールアドレス:kd-mushoka@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:153-882-869

先頭に戻る