このページの先頭です

年度限定保育事業のご案内

最終更新日 2020年6月26日

「年度限定保育事業」は、保育所の空きスペースや余裕のある保育室を活用して、保育所等を利用できなかった1・2歳児を期間限定(1年度)でお預かりする事業です。
横浜市では、保育ニーズが高いエリアで保育所等の整備を進めていますが、保育所利用に対する期待の高まりなどにより、利用申請が増加しており、特に1歳児の受入枠が不足しています。
一方で、新設保育所の4・5歳児枠は、利用希望者が少なく、2歳・3歳児が進級後に埋まる枠であり、開設後2年程度は定員割れによる空きスペースが生じているため、本事業で活用しています。
期間限定ではありますが、横浜保育室の利用と併せて、この事業の利用も御検討ください。
なお、各保育所の空き状況や申込については、実施保育所へ直接お問い合わせください。

登園自粛の対応について

保護者の方へ

事業者の方へ

利用をお考えの方へ

令和2年度実施

※ 「令和2年度 実施保育所一覧」は変更があった際に更新します。

対象児童

利用調整の結果、保育所等を利用できなかった1・2歳児のうち、次のいずれかに該当する方

  • 横浜市内在住の方
  • 横浜市内の認可保育所、認定こども園、家庭的保育事業、小規模保育事業、横浜保育室で保育業務に従事する横浜市外在住の方

※ 本事業を利用中に保育所等利用申請の「取下げ」を行った場合、または、保育所等に内定した場合は、本事業の利用を継続することはできません。
※ 待機児童対策として保育所等の整備を進めており、保育士の確保についても喫緊の課題となっています。保育士のお子さんが保育所等を利用できないことが、保育士確保を困難にしていると考えられることから、横浜市内の保育所等で働く保育士のお子さんを対象にした優先的取扱いについて、実施保育所にご協力の依頼をさせていただいておりますので、ご理解いただきますようお願い致します。

申込みに必要な書類

  1. 年度限定保育事業利用申請書⇒利用申請書(第16号様式)(PDF:188KB)
  2. 利用年度の施設・事業利用調整結果(保留)通知書の写し
  3. 横浜市の支給認定決定通知書の写し(認定有効期間及び負担区分適用期間に利用開始日が含まれている支給認定決定通知書)
  4. その他、実施保育所が求める書類

※「育児休業明け」で利用される方は、復職後2週間以内に、利用している保育所へ「復職証明書」(PDF:703KB)をご提出ください。

要綱・様式

様式記入例

その他

年度限定保育事業により利用定員を変更する場合

【利用定員を変更する際の提出先】
〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50−10
横浜市 こども青少年局 こども施設整備課 各区担当者 宛

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局保育対策課

電話:045-671-4469

電話:045-671-4469

ファクス:045-550-3606

メールアドレス:kd-hoikutaisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:863-224-656

先頭に戻る