このページの先頭です

市立保育所の給食調理業務の民間委託について

横浜市では、平成23年度から業務効率の向上を目的として、市立保育所給食調理業務の民間委託を順次進めており、令和5年4月時点で横浜市の市立保育所58園中、23園が民間委託を実施しています。保育所給食の実施主体は、民間委託後も横浜市です。引き続き横浜市が責任をもって市立保育所の給食提供を行ってまいります。

最終更新日 2023年10月10日

給食調理業務委託の概要

〇事業者に委託する業務は、おもに「調理・配膳・片付け」の部分です
 献立作成はこれまで同様に横浜市の栄養士が作成します。調理の味つけ(分量)も変わりません。食材の発注業務は事業者が行いま
 すが、原則、市の指定した事業者を通じて食材を調達します。民間の事業者に委託することで、献立内容や食材の質が低下すること
 はありません。
〇調理は保育所で行います
 これまで同様に委託後も各保育所で調理を行います。
〇食物アレルギー対応等についても変更はありません
 食物アレルギー対応食、離乳食への対応等についても変更は一切ありません。
〇事業者の選定については、総合評価による入札で決定します
 委託事業者の選定については、病院、児童福祉施設等での調理実績がすでにあることを応募の条件としており、価格だけでなく、技術
 点(事業者様からの提案書に基づき、評価委員会で審査します)も加味し決定していますので質の高いサービスを提供することが可
 能です。

給食調理業務を民間事業者へ委託している市立保育所(令和5年4月時点)

(五十音順)
芦穂崎保育園、和泉保育園、井土ケ谷保育園、潮田保育園、荏田保育園、大久保保育園、大熊保育園、釜利谷保育園、川上保育園、神大寺保育園、北上飯田保育園、神戸保育園、港南台第二保育園、左近山保育園、しろばら保育園、すすき野保育園、竹之丸保育園、長津田保育園、並木保育園、原宿保育園、太尾保育園、南六浦保育園、洋光台第二保育園

ご不明な点は、こども青少年局保育・教育部保育・教育支援課までお問い合わせください。
よこはま☆保育・教育宣言PRキャラクター宣言星人ぴかりん

このページへのお問合せ

こども青少年局保育・教育部保育・教育支援課

電話:045-671-2396

電話:045-671-2396

ファクス:045-663-1925

メールアドレス:kd-hoikushien@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:698-530-430

先頭に戻る