このページの先頭です

依存症家族教室

最終更新日 2021年6月8日

【重要なお知らせ】依存症対策事業における新型コロナウイルス感染症対策の取組について

依存症個別相談、ご本人向け依存症回復プログラムWAI-Y、依存症家族教室の実施にあたり、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、取り組みを実施しています。詳細は 「新型コロナウイルス感染症対策の取組について」をご覧ください。

依存症家族教室(月1回)

アルコール・薬物・ギャンブル等の問題に悩むご家族のための教室です。
毎回、医療機関や回復施設で支援に従事している専門家の話を聞き、「依存症」について正しく理解し、どのように対応したらよいかを共に考え、学びあいを大事に実施しています。

参加にあたって

まずは、電話にてお問い合わせください。担当者がお話を伺い、その後の流れをご案内いたします。

・対象:家族の依存症問題で困っている横浜市内にお住まいの方、横浜市にお住いの依存症当事者のことで困っているご家族
・日程:原則、令和3年4月から令和4年3月までの毎月第4金曜日(5・7・8・11月は異なります)
・時間:午後2時から午後3時30分まで(11月を除く)
・場所:横浜市こころの健康相談センター(横浜市中区本町2-22 京阪横浜ビル10階)(5・8・11月は別会場)
・費用:無料
・各回とも事前申込制(定員20名、5・8・11月は異なります)
・ご予約・お問い合わせ:依存症個別相談(電話番号:045-671-4408 祝日を除く 月曜から金曜 8時45分から17時まで)
※現在、新型コロナウイルス感染症対策の中での開催になります。詳細は「新型コロナウイルス感染症対策の取組について」をご覧ください。
※参加者のプライバシーは守られますので、ご安心ください。

家族教室の詳細は、以下のチラシをご参照ください。
※ 8月開催分の会場が変更になりました。詳細は以下のチラシよりご確認ください。

【終了しました】令和3年度横浜市こころの健康相談センター主催家族教室セミナー「ギャンブル依存症 専門医療機関での治療と回復」開催のお知らせ

ギャンブル依存症の回復と治療、家族の関わり方について、専門医が詳しく解説します。
ご家族のギャンブルの問題について一緒に考えてみませんか?
(※ここでいう「ギャンブル」とは、パチンコやスロット、競馬、競輪、競艇、オートレースなどで、金銭を賭けてより価値のあるものを手に入れようとする行為を指します)

【日時】令和3年5月20日(木)14:00~15:30(受付13:30~)
【場所】横浜市開港記念会館 1号室 (横浜市中区本町1-6)
【対象】ギャンブルのことで困っているご家族
(※ 当事者またはご家族のどちらかが横浜市民であれば参加できます)
【定員】先着50名(参加費無料・要申込)
【受付期間】4月26日(月)8:45~受付開始
【申込方法・申し込みURL】本セミナーは終了いたしました
詳細は、以下のチラシからもご覧いただくことができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局障害福祉保健部こころの健康相談センター

電話:045-662-3543

電話:045-662-3543

ファクス:045-662-3525

前のページに戻る

ページID:134-540-329

先頭に戻る