このページの先頭です

ホームヘルプサービス(居宅介護等事業)

事業者向け情報はこちらをご覧ください。

最終更新日 2021年4月20日

ホームヘルプサービス(居宅介護等事業)

身体障害児・者、知的障害児・者、精神障害児・者、難病患者等の日常生活を支援するためにホームヘルプサービスを提供します。
各制度利用の相談は各区福祉保健センター高齢・障害支援課まで、お問合せください。

【居宅介護】
【内容】
  1. 食事、洗たく、掃除などの家事援助
  2. 入浴、排せつ及び食事等の介助などの身体介護
  3. 定期的な通院や障害福祉サービスに関する官公署への相談などの介助
  4. 生活等に関する相談・助言
【対象者】
  • 障害支援区分1以上の方
  • 障害児は身体障害者手帳3級以上、知的・精神障害児等
【重度訪問介護】
【内容】
  1. 居宅における身体的な介護、家事
  2. 生活等に関する相談及び助言
  3. 外出時の移動中の介護
  4. その他、生活全般にわたる援助
【対象者】
  • 重度の肢体不自由者(障害支援区分4以上、二肢以上の麻痺等)
  • 知的・精神障害者(障害支援区分4以上等)
【同行援護】
【内容】
  1. 移動中に必要な視覚的支援(代筆・代読を含む)
  2. 移動の援護や排せつ及び食事等の必要な介助
【対象者】
  • 移動に支援が必要な視覚障害者
  • 移動時に視覚的支援が必要であり、聴覚障害6級以上の身体障害者
  • 障害児は上記の状態に準ずる者
【行動援護】

【内容】

  1. 対象者が行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護
  2. 外出時における移動中の介護、排せつ及び食事等の介護
【対象者】
  • 知的、精神障害者(障害支援区分3以上で行動上著しい困難がある者)

制度の利用について

横浜市重度訪問介護利用者大学修学支援事業

重度の障害がある方が修学するために必要な支援体制を大学等が構築できるまでの間について必要な支援を提供し、大学修学をサポートします。(令和2年度~)

契約書等参考様式(例)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局障害福祉保健部障害自立支援課

電話:045-671-2402

電話:045-671-2402

ファクス:045-671-3566

メールアドレス:kf-helper@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:906-742-865

先頭に戻る