このページの先頭です

災害用備蓄食料の有効活用について

最終更新日 2019年10月11日

本市のこれまでの取組について

地域防災拠点で備蓄している食料を更新する際は、横浜市の備蓄食料の周知や家庭内備蓄の促進などの防災意識の啓発や食品ロス削減の観点から、賞味期限内の備蓄食料は、地域防災拠点での活用や法人・団体の皆様への無償配布などを行っています。また、賞味期限が切れた備蓄食料は、資源化(肥料化・飼料化)しています。

令和元年度の無償配布について

令和元年度の備蓄食料の無償配布を以下のとおり実施します。

1 お配りする備蓄食料

非常災害用クラッカー 300箱(21,000食)程度
【参考】

  • 1箱当たりの食数:70食
  • 賞味期限:2020年3月もしくは5月
  • 1箱あたりの梱包の大きさ26cm×49cm×37cm、約10kg

2 対象

横浜市内の法人・団体(自治会・町内会、NPO、社会福祉法人、企業等)

3 申込方法

(1) 申込期間
令和元年10月21日(月曜日)から11月1日(金曜日)まで
(2) 申込方法
 ア 郵送もしくはFAX
 申込書に必要事項を記入し、裏面の担当まで送付してください。
(注意事項)FAXで申込みいただく場合は、午前9時から午後5時までの間での申込みをお願いします。
 イ インターネット
 本市ホームページの専用フォームからお申し込みください。
【専用フォーム】https://www.e-shinsei.city.yokohama.lg.jp/yokohama/uketsuke/form.do?id=1566369898080(外部サイト)
(3) 注意事項
 ア 申込数量の上限は5箱です。
 イ 申込み多数の場合、抽選とさせていただき、結果については郵送にてお知らせします。
 ウ 申込みは1団体1通とし、2通目以降は無効とします。
 エ 郵送での配布は行っていませんので、引き取り場所までにお越しいただくことになります。
 オ 配布した備蓄食料は、絶対に転売しないでください。
 カ 賞味期限内に食べきり、期限が過ぎたものは処分をお願いします。

4 備蓄食料の引渡し

(1) 期間
令和元年11月18日(月曜日)から11月22日(金曜日)まで
(2) 引渡場所
横浜市南部方面備蓄庫(横浜市金沢区富岡東2-2-10)
(注意事項)引渡時に職員が立ち会いますが、常駐しておらず、固定電話はありません。
(注意事項)詳細な案内図は下記をご確認ください。

案内図
南部方面備蓄庫周辺の案内図

5 申込書等

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

総務局危機管理室地域防災課

電話:045-671-2011

電話:045-671-2011

ファクス:045-641-1677

メールアドレス:so-chiikibousai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:255-548-192

先頭に戻る