1. 横浜市トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 放課後児童育成
  4. 【モデル事業実施校の保護者の方へ】小学生の朝の居場所づくりモデル事業の事前質問と回答

ここから本文です。

【モデル事業実施校の保護者の方へ】小学生の朝の居場所づくりモデル事業の事前質問と回答

いわゆる「小1の壁」の打破に向けた取組として、「小学生の朝の居場所づくりモデル事業(以下「モデル事業」という。)」を美しが丘小学校及び美しが丘東小学校の2校で、令和6年7月中旬~下旬から実施いたします。そこで、モデル事業の開始に向けて、当該小学校の保護者の皆様を対象とした配信動画による事業概要説明及び事前説明会を実施いたしました。質問についての回答を公表いたします。

最終更新日 2024年7月3日

小学生の朝の居場所づくりモデル事業 質問と回答

質問と回答
  質問 回答
児童がいない日も開所しますか? 原則として、事前登録者の方がいつでも利用できるよう、月曜から金曜日まで(長期休業日を含む)開所します。
朝の時間に使うために遊び道具を持参してもいいですか?

基本的には学校へ持ち込みができるものをお持ちください。朝の居場所には折紙やぬりえ、トランプ等は用意があります。図書室で借りた本などがあればお持ちいただき、朝の時間を読書の時間にお使いください。
※朝の居場所で読むための本や遊び道具については横浜市で、順次充実させていく予定です。

支援級に通っていますが、本事業は預かり事業とは違うとの事、目が行き届かないという事でしょうか?利用は難しいでしょうか? 本モデル事業は放課後キッズクラブ等のような、お子様の保育や預かりの場とは異なり、居場所を提供するものであるため、特定の児童に対する見守り員を配置する等の対応は困難となります。
見守り員はお子様に必要に応じて声掛け等をし居場所を見守りますので、本事業の主旨・体制等を踏まえ、利用についてご判断いただくようお願いします。

このページへのお問合せ

こども青少年局青少年部放課後児童育成課

電話:045-671-4446

電話:045-671-4446

ファクス:045-663-1926

メールアドレス:kd-houkago@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:448-456-025

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • SmartNews