このページの先頭です

食べ物の「もったいない」を考え、行動する秋にしませんか?~10月は「食品ロス削減月間」~

最終更新日 2021年9月21日

記者発表資料

令和3年9月21日

資源循環局3R推進課

津島邦宏

電話番号:045-671-2563

ファクス:045-550-3510

横浜市では、市民の皆様が食品ロスについて考え、行動していただくためのきっかけづくりとして、10月の「食品ロス削減月間」に以下の取組を展開します。

備考

横浜市の家庭から出される燃やすごみの中には、年間93,000トン(2020年度推計値)もの食品ロスが含まれており、これは市民一人当たり年間約25キロに相当します。また、食品の廃棄に伴って発生する温室効果ガスは地球温暖化の一因になることに加え、生産や流通の際に消費した水やエネルギーなどの資源を無駄にすることにもなります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

資源循環局政策調整部3R推進課

電話:045-671-3593

電話:045-671-3593

ファクス:045-550-3510

メールアドレス:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:645-172-206

先頭に戻る