このページの先頭です

「災害時におけるごみ焼却施設への薬品及びセメント供給の協力に関する協定」を市内3社と横浜市が締結!

最終更新日 2019年11月1日

記者発表資料

令和元年11月1日

資源循環局施設計画課

鈴木 伸明

電話番号:045-671-4145

ファクス:045-664-9490

 ごみ焼却施設では、公害防止等を目的として様々な薬品を使用しています。また、焼却灰を固化させるためセメントを使用しています。災害発生時には、これらの薬品及びセメントの入手が困難となることも想定されます。
 そこで、横浜市では昨年度「災害時におけるごみ焼却施設への薬品供給の協力に関する協定」を、エスケー化学株式会社と締結いたしました。今年度は、薬品供給の協定を小林化学産業株式会社と、セメント供給の協定を株式会社永島商店及び株式会社渡邊商店と締結し、更なる災害時の処理体制の強化を図ります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

資源循環局適正処理計画部施設計画課

電話:045-671-2528

電話:045-671-2528

ファクス:045-664-9490

メールアドレス:sj-shisetsukeikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:431-642-038

先頭に戻る