このページの先頭です

耐震改修済証交付制度について(令和元年3月31日運用廃止)

最終更新日 2020年6月22日

本制度の運用廃止について

※本制度は令和2年3月31日をもって運用が廃止されました。

今後は「あん震マーク」認定制度をご利用ください。


耐震改修済証表示板耐震改修済証表示板(プレート)
サイズ:縦210mm×横297mm(A4判横)

昭和56年以前の旧耐震基準で建築された耐震診断義務付け対象建築物やマンション等で、建築物の耐震改修の促進に関する法律(以下、「耐震改修促進法」という。)の計画の認定を取得し、耐震改修を行い、市の検査に合格した建築物に対して「耐震改修済証」及び「耐震改修済証表示板(プレート)」を交付します。
交付を受けた「耐震改修済証表示板(プレート)」は、建築物の利用者が安心して利用できるよう当該建物の利用者が見易い位置に貼付します。



対象建築物

次の要件を満たす建築物

制度要綱

耐震改修済証交付建築物の紹介

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

建築局企画部建築防災課

電話:045-671-2928

電話:045-671-2928

ファクス:045-663-3255

メールアドレス:kc-taishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:279-134-661

先頭に戻る