このページの先頭です

令和2年度 青葉区予算

最終更新日 2020年2月13日

個性ある区づくり推進費とは、身近な市民サービスの拠点である区役所が、地域の特性やニーズに応じて個性ある区づくりを推進するための予算です。
このページでは、令和2年度に青葉区で編成した予算をご紹介します。

1 青葉区編成予算 区分別総括表

区分別総括表

区分

説明

予算額
(千円)

自主企画事業費地域の身近なニーズに迅速かつ、きめ細かく対応するための事業費105,412

統合事務事業費

 52,162

統合事務費

区役所等運営経費、児童手当事務経費、生活保護事務経費ほか26,369
統合事業費

広報よこはま青葉区版発行事業、市民相談事業、スポーツ推進委員支援費、青少年指導員事業、クリーンタウン横浜事業、消費生活推進員活動事業、学校・家庭・地域連携事業、緊急時情報システム事業、健康づくり月間事業

25,793
施設管理費区庁舎、地区センター等区民利用施設等の管理運営に係る経費805,149
合計 962,723

2 青葉区編成予算 内訳

(1) 自主企画事業費

青葉区では、将来にわたって「住みつづけたい・住みたいまち」であり続けるために、5つの柱に沿った取組を進め、「つながり」をはぐくみ「健やかさ」「安心感」「魅力」を高めて「多世代が住みやすい」まちづくりを推進します。

自主企画事業費
区分説明予算額
(千円)
誰もがいきいきと、健やかに暮らせるまち青葉健康スタイルの推進、あおばこどもシステム及び地域包括ケアシステム等の推進を通じて、誰もが自分らしく健やかに暮らせるまちづくりを進めます。29,948
安全で安心して暮らせるまち防災や防犯等に関する取組を通じて、さまざまなリスクに備え、安全で安心して暮らせるまちづくりを進めます。29,817
さまざまな人や活動がつながる、活力のあるまちさまざまな分野で多彩な人材・団体・活動がつながり、地域の連携やネットワークが広がる、活力あるまちづくりを進めます。15,950
魅力を高め、発信するまち文化・芸術、食など、青葉区のさまざまな特色をまちの魅力として定着・向上させ、区の内外に発信します。20,486
自然と調和した、多世代が住みやすいまち青葉区の特色である自然環境と街並みの調和や、花・緑の豊かさを生かしながら、少子高齢化や人口減少など社会変動を踏まえた、持続可能なまちづくりを進めます。9,211
合計 105,412

(2) 統合事務事業費

統合事務事業費
区分説明予算額
(千円)
統合事務事業費 52,162
 統合事務費区役所等運営経費、児童手当事務経費、生活保護事務経費ほか26,369
統合事業費

広報よこはま青葉区版発行事業、市民相談事業、スポーツ推進委員支援費、青少年指導員事業、クリーンタウン横浜事業、消費生活推進員活動事業、学校・家庭・地域連携事業、緊急時情報システム事業、健康づくり月間事業

25,793
合計 52,162

(3) 区庁舎・区民利用施設管理費

区庁舎・区民利用施設管理費内訳
区分説明予算額
(千円)
区庁舎等区庁舎、駐車場、公用車、あざみ野行政サービスコーナー163,225
土木事務所青葉土木事務所9,199
公会堂青葉公会堂30,004
地区センター等地区センター6か所、新石川スポーツ会館214,480
ログハウス美しが丘公園こどもログハウス9,232
区民文化センター青葉区民文化センター151,948
老人福祉センターユートピア青葉37,378
コミュニティハウス9か所(鴨志田、さつきが丘、山内、桂台、すすき野、青葉台、みたけ台、荏田西、荏田)108,831
区スポーツセンター青葉スポーツセンター32,781
区庁舎・区民利用施設修繕費青葉区総合庁舎、区民利用施設11,870
その他(広場・遊び場)子どもの遊び場(6か所)、まちのはらっぱ(2か所)、地域スポーツ広場(黒須田)、青葉スポーツプラザ、青葉国際交流ラウンジ、青葉区区民交流センター36,201
合計 805,149

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

青葉区総務部総務課

電話:045-978-2211

電話:045-978-2211

ファクス:045-978-2410

メールアドレス:ao-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:677-119-659

先頭に戻る