このページの先頭です

ひざひざワッくん体操 (ひざ痛予防体操)

最終更新日 2020年6月4日

鶴見区では、ひざ痛予防に取り組んでいます!

鶴見区では、ひざの痛みの影響で、生活に支障をきたしたり、要介護認定を受ける高齢者が多いことに着目し、ひざ痛対策に取り組んでいます。
また、ひざの痛みは高齢者ばかりでなく、40歳を超えると、半数以上の人がひざ痛を経験するとも言われています。そこで考案されたのが、この「ひざひざワッくん体操」です。
平成21年8月~11月まで、体操は本当に効果があるのか、モデル的に検証を行った結果、正しい体操の実施と継続で、ひざ痛は軽減され、ほかにも“イスから楽に立ち上がれるようになった”“腰痛も改善された”“歩き方がキレイになった”など、体にもいろいろ良い効果がみられました。
ひざ痛を予防し、また少しでも痛みを軽減するため、ご自身の生活の質の向上を目指して、「ひざひざワッくん体操」に取り組んでみませんか?

内容

作成にあたり、元済生会横浜市東部病院運動器センター長・整形外科部長である医師の野本聡氏と健康運動指導士の黒田恵美子氏に出演、監修いただきました。チャプターごとに視聴可能です。

  1. あいさつ
  2. ひざ痛のお話(医師・健康運動指導士)
  3. 説明(体操動作をするときの注意)
  4. ワンポイントアドバイス
  5. 実践編
  6. 実践編(イスなし)

ひざひざワッくん体操

ひざひざワッくん体操(実践編)

DVDを配布しています!

体操を正しく継続して取り組んでもらえるよう、DVDの用意もございます。
ご自宅で、また地域の皆さんで集まる場所でご活用ください!
詳細は下記の受付窓口までお問い合わせください。

受付窓口

高齢・障害支援課 3階1番  
電話:045-510-1775 FAX:045-510-1897

下記より、リーフレットがダウンロードできます。
「ひざひざワッくん体操」リーフレット(PDF:2,308KB)

ご希望の方には、区役所3階1番窓口にて、リーフレットをお渡しします。

地域の身近な場所で、「ひざひざワッくん体操」を実施しています。
(本体操の要素を取り入れ、アレンジして実施している教室もあります。)
まずは、体操教室で正しい体操を習得し、みんなで楽しく実践しましょう!詳細はお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

鶴見区福祉保健センター高齢・障害支援課 高齢者支援担当

電話:045-510-1775

電話:045-510-1775

ファクス:045-510-1897

メールアドレス:tr-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:991-860-595

先頭に戻る