このページの先頭です

台風や大雨等の際に開設される避難場所について

最終更新日 2021年7月8日

 横浜市では、崖崩れが発生した場合に人家に著しい被害を及ぼす可能性がある崖地を抽出し、土砂災害警戒情報の発表とともに避難指示を一斉に発令する「即時避難指示対象区域」を選定しています。

 横浜市北部に土砂災害警戒情報が発表された場合、鶴見区役所は避難指示を発令し、対象区域にお住まいの方が避難できるよう、4か所の避難場所を開設します。

横浜市北部に土砂災害警戒情報が発表された場合の避難場所

  •  末吉地区センター (上末吉2-16-16)
  •  岸谷公園集会所2階 (岸谷3-20-25)
  •  寺尾地域ケアプラザ (東寺尾6-37-14)
  •  獅子ヶ谷自治会館 (獅子ヶ谷1-18-53)
 

 平成31年3月25日から、横浜市北部に土砂災害警戒情報が発表された場合、その時に鶴見区にいるすべての皆様のスマートフォンや携帯電話に、神奈川県や横浜市から「緊急速報メール」を配信することとなりました。
 ただし、即時避難指示対象区域は、配信メールに記載されている一部の地域のみで、鶴見区内約140,000世帯のうち、約37世帯が対象となります。

 ご自宅が即時避難指示対象区域に含まれているか、下記の横浜市のサイトにて事前にご確認ください。   
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/wagaya/fusuigai/taifu/20160615135644.html

台風・大雨への備えについては、下記の横浜市のサイトをご確認ください。
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/wagaya/fusuigai/taifu/taifu-sonae.html
 

洪水等で被害が予想される場合に開設される避難場所について

鶴見区では、小中学校31 校が風水害時の避難場所として指定されています。
多摩川・鶴見川の洪水が予想される場合は、鶴見川河川流域の小中学校を優先して、避難場所とし
て指定し、避難体制を整備します。

洪水想定時には以下の小中学校21校を優先し順次、開設します。

  •  市場小学校  (元宮1-13-1)
  •  入船小学校  (浜町1-1-1)
  •  汐入小学校  (汐入町2-36)
  •  下野谷小学校  (下野谷町2-49)
  •  平安小学校   (平安町2-9-1)
  •  矢向小学校  (矢向3-8-1)
  •  市場中学校  (市場下町1-1)
  •  矢向中学校  (矢向1-8-24)
  •  潮田小学校  (向井町3-82-1)
  •  潮田中学校  (向井町4-83-1)
  •  寛政中学校  (寛政町23-1)
  •  鶴見中学校  (鶴見中央3-14-1)
  •  下末吉小学校  (下末吉2-25-6)
  •  鶴見小学校  (鶴見中央3-19-1)
  •  新鶴見小学校  (江ケ崎2-1)
  •  豊岡小学校  (豊岡町27-1)
  •  末吉小学校  (上末吉1-9-1)
  •  上末吉小学校  (上末吉5-24-1) 
  •  駒岡小学校  (駒岡3-14-1)
  •  生麦小学校  (生麦4-15-1)
  •  末吉中学校  (下末吉6-13-1)

このページへのお問合せ

鶴見区総務部総務課

電話:045-510-1656

電話:045-510-1656

ファクス:045-510-1889

メールアドレス:tr-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:865-291-355

先頭に戻る