このページの先頭です

保健活動推進員

最終更新日 2019年3月4日

保健活動推進員

保健活動推進員は、自治会・町内会の推薦により市長から委嘱されます。任期は2年間です。各地域で健康づくりの推進役として活動しています。

<主な活動内容>地域での健康づくり活動、健康づくり情報の地域への提供、福祉保健センター主催の健診や子育て支援事業への協力

どんな活動をしているの?

1健康づくり活動を企画し、実践します。
【活動例】健康チェック・体力測定の実施・ウォーキングや体操教室の開催・禁煙や健(検)診受診のすすめなどの啓発活動
2区役所等に地域の意見や情報を伝えたり、区役所等の健康づくり事業に協力します。
3地域の健康づくりのため、介護予防、高齢者支援や子育て支援など、地域の実情にあわせた活動を展開します。

南区保健活動推進員

南区保健活動推進委員会は、16地区314人で活動しています(2018年8月1日現在)。
現在、「ウォーキングで健康づくり」と「特定検診とがん検診の普及啓発」に焦点を当てて活動しています。
南区保健活動推進員会の活動について(「保健活動推進員70周年記念誌」から抜粋)(PDF:1,543KB)

~ウォーキングで健康づくり~

1健康ウォーキングマップの作成・配布
2012年度から3年間かけて健康ウォーキング講習会を地区ごとに受講し、8コースの「健康ウォーキングマップ」を作成しました。
区役所等にて配布し、多くの区民の方の健康づくりにご活用いただいております。→「健康ウォーキングマップ」のページへ
2地区ウォーキングの実施(主催)
各地区で初心者向け約3~5kmのウォーキングを主宰し、多くの方に参加いただいています。→「みんなで健康!ウォーキング」のページへ

~特定健診とがん検診の普及啓発~

南区は、18区の中で、横浜市国民健康保険の特定健診やがん検診の受診率が低い低い状況にあります。特定健診やがん検診の受診は、疾病の重症化予防やがんの早期発見・治療につながりますので、受診の意義を呼びかけています。
特定健診・がん検診の受診PR(2018年発行「南区保健活動推進員だより」から)(PDF:296KB)

~南区健康福祉まつり「いきいきふれあい南なんデー」への参加~

毎年10月第一日曜日に開催される南区健康福祉まつり「いきいきふれあい南なんデー」に保健活動推進員も出展しています。
2階で実施している健康測定会については、恒例行事となり、毎年受けるのを楽しみにしている方も数多くいます。

~地区での活動~

区全体の活動とは別に、各地区で体操、健康測定会、講座など、多種多様な健康づくり活動を実施しています。
各地区での活動紹介記事(2018年発行「南区保健活動推進員だより」から)(PDF:286KB)

関連PDF

横浜市保健活動推進員規則(PDF:159KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

南区福祉保健センター福祉保健課

電話:045-341-1181

電話:045-341-1181

ファクス:045-341-1189

メールアドレス:mn-fukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:322-031-889

先頭に戻る