ここから本文です。

感震ブレーカー設置推進事業補助金

最終更新日 2024年6月5日

令和6年度感震ブレーカー設置推進事業補助金について

感震ブレーカーの購入代金を助成します!

「横浜市密集市街地における地震火災対策計画」対象区域にお住まいの個人の方および横浜市全域の自治会・町内会・マンション管理組合を対象に、感震ブレーカーの購入代金の一部を助成します。

補助内容及び補助金額

個人でのお申込み、自治会町内会等単位でまとめてのお申込みでは、補助内容・補助金額が異なります。
詳しくはチラシをご覧ください。
個人の方        「感震ブレーカー設置推進事業チラシ(個人)」(PDF:1,429KB)
自治会・町内会等の方  「感震ブレーカー設置推進事業チラシ(自治会等)」(PDF:2,096KB)
          【製品価格は参考となりますので、変更となる場合があります。】

申請期間

個人の方        令和6年6月1日(日曜日)~令和7年1月31日(金曜日)まで(必着)
自治会・町内会等の方  令和6年6月1日(日曜日)~令和6年12月27日(金曜日)まで(必着)

申込書類

個人の方        南区申請書(個人)(PDF:268KB)
自治会・町内会等の方  横浜市申請書(ワード:22KB)南区申請書(ワード:21KB)の両方記載し、
            見積書と一緒にご提出ください。

申込先

個人の方
●郵送による申込
 →「事業チラシ」についている申請書に必要事項を記入した後、裏面の折り線に沿って封筒の形に折ります。  
  最後にセロテープでしっかり止めて、郵便ポストへ投函してください。
●電子申請による申込
 → 電子申請(外部サイト)
 
自治会・町内会他の方
 申請書(横浜市申請書と南区申請書の両方)を記入し、見積書と一緒に、
 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル12F
 株式会社長寿乃里 感震ブレーカー設置補助受付担当宛 にご郵送ください。

問合せ・申込先

【問合せ・申込先(個人)】
 公益社団法人 横浜市防火防災協会
 〒232-0064 横浜市南区別所1-15-1
 電話:045-714-0929 FAX:045-714-0921(受付時間:平日午前9時~午後5時)
 ※器具の選定にお困りの場合も、相談承ります。

【問合せ・申込先(自治会・町内会等)】
 株式会社長寿乃里 感震ブレーカー設置補助受付担当
 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル12F
 電話:045-900-4188(受付時間:平日午前9時~午後5時)

留意事項

・ ご案内の補助対象器具は、すべての分電盤に対応可能ではありません。分電盤の種類によって設置が困難なことがあります。判断が難しい場合は、各メーカーへお問い合わせください。
・ 夜間に地震が発生した場合に照明が消えることで、屋外への迅速かつ安全な避難の妨げになることも考えられるため、非常灯等を準備しましょう。
・ 賃貸にお住まいの方は、原状回復義務の必要性等があるため、貸主等とご相談のうえ、お申し込みをしてください。
・ 生命の維持に直結するような医療用機器等を設置している場合、停電に対処できるバッテリー等を備えてください。
・ 発災したのちに復電をする際、焦げたような臭いを感じた場合には、直ちにブレーカーを遮断し、再度安全確認を行い、原因が分からない場合は電気の使用を見合わせることが必要です。
・ 感震ブレーカーは定期的な作動性能の確認や、必要に応じて部品等の交換を行いましょう。
・ 本補助事業は、感震ブレーカーの購入・設置が条件となります。これが適正に履行されない場合は、補助金を返還していただくことがございます。

関連ページ

関連PDF

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

南区総務部総務課

電話:045-341-1225

電話:045-341-1225

ファクス:045-241-1151

メールアドレス:mn-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:771-276-589