このページの先頭です
横浜市長の部屋 横浜市長山中竹春
横浜市長の部屋 横浜市長山中竹春

7月26日(火曜日)川崎市と「臨海部における水素等の次世代エネルギーの利活用拡大に向けた連携協定」を締結しました

最終更新日 2022年7月29日

横浜市は、地域経済の中核を担う臨海部において、水素等の次世代エネルギーの利活用拡大に向け、川崎市と連携・協力することを目的に協定を締結しました。26日、福田川崎市長にご来庁いただき締結式を行いました。
横浜市臨海部の脱炭素化を効果的に進めるため、 民間事業者の皆さまと連携しながら取組を進めていますが、事業者様の多くは川崎市にも事業所があり、川崎・横浜両市の連携を強く望まれています。 川崎カーボンニュートラルコンビナート構想を推進する川崎市と、日本を代表する港湾を擁する横浜市の連携をより一層強化し、我が国最大の水素等の次世代エネルギーのサプライチェーンを形成し、日本の脱炭素化をリードしていきます。
(詳細については、「川崎・横浜臨海部における水素等の次世代エネルギーの利活用拡大に向けた連携協定を締結しました」をご確認ください)

写真:協定書を持っての記念写真(小サイズ)

写真:協定書を持っての記念写真(大サイズ)

最近のフォトダイアリー

過去のフォトダイアリー

このページへのお問合せ

政策局プロモーション推進室広報課

電話:045-671-3742

電話:045-671-3742

ファクス:045-661-2351

メールアドレス:ss-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:836-369-482

フォトダイアリー 2022年7月のページ一覧

先頭に戻る