このページの先頭です
横浜市長の部屋 横浜市長山中竹春
横浜市長の部屋 横浜市長山中竹春

4月26日(火曜日)みなとみらい21地区が環境省による「脱炭素先行地域」に選定されました

最終更新日 2022年4月26日

4月26日、みなとみらい21地区が「脱炭素先行地域」に選定されました。
みなとみらい21地区は、12万人以上の方が働き、コロナ禍においても年間6千万人以上の方が訪れるエリアであり、エネルギーの大消費地です。
一般社団法人横浜みなとみらい21、エリア内32施設の皆様との強いパートナーシップのもと、地域一体でのエネルギーマネジメントや東北地方などからの再生可能エネルギーの導入促進など、様々な取組を加速し、大都市における脱炭素化モデルを構築していきます。
このたびの選定を機に、「SDGs未来都市」として、国、産業界、市民の皆様とさらに連携し、2050年までの脱炭素化「Zero Carbon Yokohama」に向けて、力を注いでいきます。
(詳細は記者発表資料をご覧ください)

最近のフォトダイアリー

過去のフォトダイアリー

このページへのお問合せ

政策局プロモーション推進室広報課

電話:045-671-3742

電話:045-671-3742

ファクス:045-661-2351

メールアドレス:ss-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:165-785-669

フォトダイアリー 2022年4月のページ一覧

先頭に戻る