このページの先頭です

排水処理施設

最終更新日 2019年9月6日

排水処理施設の役割

最終処分場には、内陸の地形を利用して遮水機能を整備した内陸型と、海面に遮水護岸を整備した海面型の2つがあります。どちらの方法を用いる場合も、処分場からの浸出水を適正に処理するための「排水処理施設」が必要です。
横浜市では、埋立中の南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場のほか、埋立てを終了した7か所で浸出水の浄化処理を行っています。

稼働中の排水処理施設

排水処理施設
名称 一日当たり処理能力(立方メートル) 運転開始 所在地
南本牧第5ブロック排水処理施設(埋立中) 1,500 2017(平成29)年10月 中区南本牧4番地3

川井排水処理施設

300

1972(昭和47)年9月

緑区三保町567番地
下川井排水処理施設 600 1972(昭和47)年12月 旭区矢指町1953番地
長坂谷排水処理施設 400 1973(昭和48)年10月 緑区寺山町800番地
東本郷排水処理施設 100 1977(昭和52)年1月 緑区東本郷町74番地
南本牧第2ブロック排水処理施設 1,500 1993(平成5)年11月 中区南本牧4番地
神明台7次排水処理施設 1,500 1996(平成8)年4月

泉区池の谷3862番地

アクア新橋排水処理施設 200 2004(平成16)年8月 泉区新橋町2105番地

問合せ先

適正管理係

所在地 泉区池の谷3949番地1
電話番号 045-364-1856
ファクス 045-367-4114

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

資源循環局適正処理計画部処分地管理課

電話:045-671-2560

電話:045-671-2560

ファクス:045-664-9490

メールアドレス:sj-syobunchi@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:832-192-956

先頭に戻る