このページの先頭です

フードバンク・フードドライブ活動の推進

食べ物の「もったいない」を「ありがとう」へ

最終更新日 2020年10月20日

横浜市の家庭から出される燃やすごみの中には、食品ロスと言われる何も手がつけられず廃棄された「手つかず食品」が年間2万トンも含まれています。横浜市では、この食品ロス削減の取組として、フードバンク団体等と連携しイベント等でのフードドライブの実施や、小売店舗など身近な場所で食品を寄附できる環境づくりを進めています。この取組を通じて、各ご家庭で購入した食品やお中元・お歳暮等でいただいたものなど、常温で保存している食品の在庫と期限の確認の習慣づけを促し、自分で消費しきれない食品は早めにフードドライブに提供することで、食品ロスの削減を目指しています。

フードバンクとは?

 フードバンクとは、各家庭や食品を取り扱う企業から、まだ安全に食べられるのに廃棄されてしまう食品を引き取り、福祉施設等へ無償で提供する団体・活動を言います。

フードドライブとは?

 フードドライブとは、各家庭で使い切れない未使用食品を持ち寄り、それらをまとめてフードバンク団体や地域の福祉施設・団体などに寄贈する活動を言います。
 なお、資源循環局が集めた食品は、フードバンク団体及び社会福祉協議会を通じて、地域の福祉施設や食を必要としている方に寄贈しています。

フードドライブ実施情報!!

フードドライブをやってみよう!

YOKOHAMAフードドライブキャンペーン 参加企業募集中!

【キャンペーン実施期間:令和2年11月16日から12月16日まで】
社員やお客様の家庭で使い切れない未使用食品を集めて寄附をする「フードドライブ」を実施いただける企業・団体の皆様を募集しています。
SDGsの目標にも掲げられている食品ロス削減の取組として、誰でも気軽に参加できます。これからSDGsに取り組もうという企業も、取組をさらに広げようという企業も、気軽に取り組める内容です。みんなで一緒にSDGsに取り組みましょう!
詳細・お申込みはこちら↓↓↓
https://www.yokohama-tvkcoms.com/~form/ymbl/fooddrive.html(外部サイト)

物品の貸出し

フードドライブをやってみませんか?
横浜市では、フードドライブを実施したい!と思っている市内の企業や団体に、フードドライブの実施に必要な物品の貸出しをしています。自治会、町内会、商店街などの取組や地域のイベント、学校行事、会社で働く社員の皆様や買い物に来るお客様に向けて…など様々な場面で実施可能です!
以下の「フードドライブ物品貸出申請書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、郵送又はメールで資源循環局3R推進課に御提出ください。
横浜市フードドライブ物品貸出事業実施要綱(PDF:161KB)
フードドライブ物品貸出申請書(ワード:604KB)
フードドライブ実施報告書(ワード:21KB)
フードドライブのやり方(PDF:838KB)

ご提供いただける食品

【未開封(内装が破損していない)かつ賞味期限(要明記)が2か月以上残っている常温保存可能なもの】
受付できる食品 受付できない食品

・穀類(白米、玄米、アルファ米、小麦粉など)
・缶詰(肉、魚、果物など)
・インスタント・レトルト食品(カレールー、カップ麺など)
・お菓子(チョコレート、クッキー、せんべいなど)
・調味料(食用油、砂糖、塩、みりん、料理酒など)
・乾物(そうめん、パスタ、海藻など)
・飲料(ジュース、お茶、水など)

・賞味期限が2か月を切っているもの
・開封されているもの
・冷凍、冷蔵保存のもの
・生鮮食品(生肉・魚介類・生野菜)
・アルコール
・ペットフード


市内で活動しているフードバンク団体

食品や活動資金等の支援については、各団体ホームページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

資源循環局政策調整部3R推進課

電話:045-671-3593

電話:045-671-3593

ファクス:045-550-3510

メールアドレス:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:517-938-282

先頭に戻る