このページの先頭です

古布の排出について

最終更新日 2021年2月18日

古布の排出についてのお願い

 古布は、新型コロナウイルス感染症の影響により輸出や海外の工場の稼働が停止し、リサイクルが滞っていたため、
自宅保管についてご協力をお願いしていましたが、リサイクルルートの滞留が一定程度解消されたことから、
今後は通常どおり資源集団回収にお出しください。

 ただし、これまで保管していただいたものが一度に排出されますと回収やリサイクルに支障が生じますので、
少しずつ(各ご家庭1~2袋程度)お出しいただきますようご協力をお願いいたします。

 これまで各ご家庭内での保管にご協力をいただき、誠にありがとうございました。
 
 
 【参考】古布を出す際の注意点
   ○ 濡れるとカビ発生の原因となり、リユース・リサイクルできなくなりますので、雨の日は出さないでください
   ○ 中身がはっきりと確認できる透明または半透明の袋に入れてお出しください。
   ○ 以下のものは、対象外です。(大きさにより「粗大ごみ」または「燃やすごみ」へ)
    ・マスク、ウエットティッシュ
    ・カーペット、足ふきマット、枕 等
    ・中に綿の入っているもの(布団、ぬいぐるみ 等)
    ・汚れたもの、破れたもの 等、リユースに支障をきたすもの

このページへのお問合せ

資源循環局家庭系対策部業務課

電話:045-671-3819

電話:045-671-3819

ファクス:045-662-1225

メールアドレス:sj-gyomu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:352-661-914

先頭に戻る