このページの先頭です

3.遊具の安全対策

最終更新日 2019年6月27日

遊具の点検と管理について

公園の遊具は、横浜市公園施設点検マニュアルに基づき、年4回の定期点検を行っています。
点検の結果、必要に応じて部品の交換や修理を行なうとともに、破損しているなど危険な場合は、修理が完了するまで使用禁止措置を行なう場合もありますが、安全確保のためご協力をお願いします。

遊具のリニューアルについて

横浜市では、遊具の使用年数や状態に応じて、順次、新しい遊具に交換を行なっています。新しい遊具を設置する際には、その公園の利用状況や、遊具の周りに安全領域が確保されているかなどを考えながら、安全規準にあった遊具を選び、配置しています。

こども自然公園の遊具の写真
こども自然公園(旭区)
とりでの森の大型遊具がリニューアルし、長いローラーすべり台もできました。(平成20年5月)

東俣野中央公園の遊具の写真
東俣野中央公園(戸塚区)
斜面を使った遊具広場がリニューアルしました。(平成21年3月)

長浜公園の遊具の写真
長浜公園(金沢区)
複合遊具や、幼児向けの遊具広場がリニューアルしました。(平成21年3月)


遊具の安全管理に関する検討委員会

横浜市では、平成19年に市内で連続して発生した遊具事故を踏まえ、平成19年8月に外部有識者による「遊具の安全管理に関する検討委員会」を設置しました。
平成20年5月までに全5回の委員会を開催し、平成20年8月に提言及び報告書が提出されました。
安全な遊具のあり方に関する提言(PDF:258KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局公園緑地部公園緑地維持課

電話:045-671-3848

電話:045-671-3848

ファクス:045-664-2588

メールアドレス:ks-koeniji@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:681-846-750

先頭に戻る