このページの先頭です

踏切安全対策実施計画

最終更新日 2019年9月3日

「踏切安全対策実施計画」の策定について

横浜市では市内167か所の踏切に対し、今後の踏切安全対策を計画的に進めるため、「踏切整備計画」を策定し、平成27年4月に公表しました。
このたび、「※踏切整備計画」で抽出した、安全対策を進める踏切10か所、連続立体交差候補5区間の対策内容についてとりまとめました。歩行者対策については概ね5か年を目標に、自動車対策については中長期的な視点で取り組むこととしました。
また、連続立体交差候補については、相模鉄道本線「鶴ヶ峰駅周辺」を最も優先的に事業化の検討を進める区間としました。
「踏切安全対策実施計画」の策定について (PDF:333KB)(記者発表資料 平成28年3月17日)
「踏切整備計画」とは(PDF:293KB)(記者発表資料 平成27年4月28日)


●横浜市踏切安全対策実施計画 実績表

歩行者対策(速効対策)
速効対策着手前完成

◆江ヶ崎踏切◆
(JR短絡線)

江ヶ崎踏切事業前


江ヶ崎踏切事業後


◆八丁畷第1踏切◆
(京浜急行本線)

八丁畷第1踏切事業前


【協議中】

◆古市場踏切◆
(JR東海道本線、JR京浜東北線、JR貨物線)

古市場踏切事業前


【H31年度事業着手予定】

◆上星川7号踏切◆
(相模鉄道本線)

上星川7号踏切事業前


施工後


◆杉田第2踏切◆
(京浜急行本線)

杉田第2踏切事業前


杉田第2踏切事業前


◆能見台第2踏切◆
(京浜急行本線)

能見台第2踏切事業前


【H31年度事業着手予定】

歩行者対策(抜本対策)
抜本対策着手前完成

◆生見尾踏切◆
(JR東海道本線、JR京浜東北線)

生見尾踏切事業前


【協議中】   

◆樹源寺踏切◆
(JR東海道本線、JR横須賀線)

樹源寺踏切事業前


【協議中】

自動車対策(抜本対策)
抜本対策状況

◆並木踏切◆

(JR東海道本線、JR京浜東北線)

【調整中】道路の単独立体交差(浜町矢向線)

【目標】平成37年度頃までに事業化

◆川和踏切◆

(JR横浜線)

【調整中】道路の単独立体交差(中山北山田線)

【目標】平成32年度頃までに事業化


総合的な対策(次期連続立体交差事業)
抜本対策内容
(仮称)「相模鉄道本線(鶴ヶ峰駅付近)連続立体交差事業詳細は連続立体交差事業HPで!

生見尾踏切の安全対策について

最新の検討状況はこちらをご覧ください。

生見尾踏切の安全対策の進め方について(PDF:505KB)(令和元年5月27日)

「生見尾踏切」安全対策ニュース

生見尾踏切を利用する方々へ、横浜市が進めている安全対策に関する情報を提供するため、安全対策ニュースでお知らせしていきます。

安全対策ニュースVOL.1(PDF:290KB)

安全対策ニュースVOL.2(PDF:427KB)

安全対策ニュースVOL.3(PDF:336KB)

安全対策ニュースVOL.4(PDF:371KB)

安全対策ニュースVOL.5(PDF:429KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

道路局 建設部 建設課 (鉄道交差調整担当)

電話:045-671-2792

電話:045-671-2792

ファクス:045-651-6527

メールアドレス:do-tetsudou@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:866-162-567

先頭に戻る