このページの先頭です

横浜市立学校の部活動

部活動指導員及び横浜市立学校部活動ガイドラインに関するページです。

最終更新日 2019年4月1日

横浜市立中学校・義務教育学校の部活動指導員を募集します

部活動指導員候補者名簿への登録手続

部活動指導員とは

横浜市教育委員会の非常勤職員として、横浜市立中学校、義務教育学校(後期課程)の部活動(運動部・文化部)において、校長の監督のもとで、技術的な指導のほか、顧問への就任、学校外での活動の引率等を行います。


募集概要(詳細については「募集要項」(PDF:152KB)を御覧ください。)
登録資格

(1)登録時点で満20歳以上で、担当する部活動種目の実技指導に堪能であり、人格・識見ともに優れ、生徒の指導に適しているとともに、学校教育に関する十分な理解を有する方。
(2)武道(柔道、剣道及び空手等)の指導員については、段位を有する方。
(3)地方公務員法第16条及び学校教育法第9条に規定する欠格事項に該当していない方。
(4)健康で職務に必要な能力を有している方。
(5)以下ア~カのうち、いずれかの条件を満たす方
ア 学校教職員として部活動指導の経験のある方
イ 中学校において部活動外部指導者として活動実績がある方
ウ 配置予定校の校長が、一定の知識・技能を有すると認める方
エ 日本スポーツ協会の公認指導員資格を有する方
オ 横浜市教育委員会が認める部活動指導員に関する養成講座等を修了した方
※どのような講座が該当するかはお問い合わせください。
カ 学生(大学、専門学校)にあっては指導予定の部活動の競技経験、活動経験が、義務教育修了後3年以上ある方

職務内容学校長の指定する次のいずれかの職務又はすべての職務に従事します。
(1)実技指導
(2)安全・障害予防に関する知識・技術の指導
(3)対外試合等、学校外での活動における生徒の引率
(4)用具・施設の点検・管理
(5)部活動の会計等の管理運営
(6)保護者等への連絡
(7)教諭等と連携した年間・月間活動計画の作成
(8)活動中の日常的な生徒指導
(9)事故が発生した場合の現場対応
(10)部活動顧問又は副顧問
(11)教育委員会等が開催する研修の受講
勤務場所

横浜市立中学校、義務教育学校※
※義務教育学校とは小学校課程から中学校課程まで義務教育を一貫して行う学校(学校教育法第一条に定められた学校)です。部活動があるのは後期課程(7~9年生)となります。横浜市立義務教育学校は現在2校(西金沢学園、霧が丘学園)です。

勤務条件等

(1)勤務時間
基本1週間当たり2~4日、平日1日2時間程度、学校の休業日(学期中の週末を含む)は、3時間程度、1月あたり32時間程度とします。
(2) 報酬
1時間あたり1,500円
※交通費は支給しません。生徒引率旅費等は横浜市旅費条例に準じて支給します。
(3)任用期間
採用後、2020年3月31日まで
※1年ごとの任用、ただし勤務校の校長の推薦があった場合、再任は妨げません。
(4)任用期間中は、「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」(外部サイト)及び「文化部活動に関する総合的なガイドライン」(外部サイト)を遵守してください※
※「週に平日1日以上、土日1日以上の部活動休養日を設定し、1日の活動時間は平日2時間程度、休日3時間程度とする」等のガイドライン


応募方法
郵送の場合〒231-0017 横浜市中区港町1-1
横浜市教育委員会事務局小中学校企画課 部活動指導員担当
※申込用紙のほか、82円切手を貼付した返信用封筒を同封してください。
封筒の表側に「部活動指導員登録申込み」と朱書きし、必ず「簡易書留」で郵送してください。
電子メールの場合送付先メールアドレス ky-bukatsu@city.yokohama.jp
※添付する応募書類にはパスワード(半角英数字8文字以内)をかけ、応募とは別メールでパスワードをお知らせください。
件名は【部活動指導員登録希望】としてください。
受付期間随時
提出書類(1)教職員経験者以外の方
横浜市部活動指導員任用候補者名簿登録申込用紙(様式1)(ワード:16KB)
(2)教職員経験者
横浜市部活動指導員任用候補者名簿登録申込用紙(教職員経験者用)(様式2)(ワード:16KB)

選考
選考方法応募書類の内容を審査し、横浜市部活動指導員任用候補者名簿に登録します。
選考結果の通知
※電話での照会には応じません。
(1)郵送で応募した方
選考の結果(登録の可否)は、郵送(応募時に同封する封筒使用)で通知します。
(2)電子メールで応募した方
登録の可否を応募時の電子メールアドレスへの返信で通知します。

任用までの流れ
横浜市部活動指導員任用候補者名簿への登録
部活動指導員の配置を希望する学校の校長から教育委員会に配置依頼
→部活動指導員任用候補者名簿登録者の中から経験、競技種目及び活動内容、学校の希望、勤務可能地域、通勤時間等を考慮して配置予定校を選定
当該校の校長と名簿登録者で面接
面接結果(任用の可否)の連絡
任用時研修の受講
配置校で指導開始

<参考>
横浜市立中学校、義務教育学校(後期課程)に設置されている主な部活動
※全部活動で部活動指導員を募集しているとは限りません。
【運動部】
バスケットボール、軟式野球、サッカー、バレーボール、陸上競技、バドミントン、
ソフトテニス、剣道、卓球、水泳、柔道、ソフトボール、ハンドボール、体操、新体操、
ダンス、硬式テニス
【文化部】
吹奏楽、美術、演劇、合唱、茶道、科学、パソコン、将棋、英語、手芸、文芸、園芸、華道、
書道、囲碁、放送、音楽、和太鼓、写真、手話、イラスト、漫画、家庭、手芸

横浜市立学校部活動ガイドライン

横浜市立学校部活動ガイドライン

横浜市立部活動ガイドラインに関する外部サイト

横浜の部活動~部活動の指針~【改訂版】

運動部活動用指導手引

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局学校教育企画部小中学校企画課

電話:045-671-3265

電話:045-671-3265

ファクス:045-664-5499

メールアドレス:ky-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:343-722-978

先頭に戻る