このページの先頭です

アレルギー疾患の幼児児童生徒対応マニュアル

最終更新日 2020年12月25日

近年、幼児児童生徒(以下、児童生徒と記す)を取り巻く生活環境の変化や疾病構造の変化などに伴い、児童生徒におけるアレルギー疾患の増加が指摘されています。アレルギー疾患には、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、気管支ぜん息、食物アレルギー、アナフィラキシーなど多様な疾患が含まれており、これらの疾患には、長期にわたり管理を要する側面があるとともに、場合によっては生命にかかわるという側面もあります。
このような状況から、横浜市教育委員会では、平成23 年6月に「アレルギー疾患の児童生徒対応マニュアル」を作成しました。以降、改訂を重ねながら、各学校において、児童生徒のアレルギー対応に活用しています。

このたび、「アレルギー疾患の幼児児童生徒対応マニュアル」を改訂しました。

pdf「アレルギー疾患の幼児児童生徒対応マニュアル」(PDF:2,474KB)(令和2年12月改訂版)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

教育委員会事務局人権健康教育部健康教育・食育課

電話:045-671-4136

電話:045-671-4136

ファクス:045-681-1456

メールアドレス:ky-kenkokyoiku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:167-644-152

先頭に戻る