このページの先頭です

保育所等における給食食材の放射性物質測定

最終更新日 2021年4月1日

給食食材の放射性物質測定について

目的

平成24年4月から子どもへの影響も考慮した「食品中の放射性物質の新たな基準値」(食品衛生法第11条第1項の規格基準)が施行され、より一層、給食に使用する食材の安全と安心を確保することが求められています。
そこで、横浜市では平成24年8月から、給食で使用する主な食材の放射性物質を喫食前に測定し、安全と安心の確保に努めています。
平成26年4月からは、測定食材の選定方法を変更して実施しています。

測定方法

火・水・木・金曜日の給食実施分(祝日、年末年始及びその翌日を除く)を1日1か所(給食提供日の前日午後及び当日午前に測定)の給食食材をゲルマニウム半導体検出器を用いた放射線核種分析を行います。

令和3年度検査機関

一般財団法人食品環境検査協会横浜事業所

測定機器

ゲルマニウム半導体検出器
検出限界値:3Bq/kg

測定項目

放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)

測定食材(平成26年4月から)

測定施設等での当日の給食献立のうち、下記の食材について測定します。
測定検体数:最大8品(当日分、最大2品を含む)

  1. 米、牛乳
  2. 全国で、令和2年4月1日から令和3年2月28日の間に、基準値(100Bq/kg)あるいはその1/2を超える放射性セシウムが検出された食材
  3. その他必要と認めるもの

※2の具体的な品目については、厚生労働省「農畜水産物等の放射性物質検査について」(令和3年3月26日付生食発0326第14号)(外部サイト)を参考に設定します。

測定結果の公表

こども青少年局のウエブサイトで、給食実施当日に測定結果の公表を行います。
令和3年度の測定結果(4月9日給食実施日分より測定予定)
令和2年度の測定結果

各ページは、該当年度時点の情報となっています。

保育園給食における一食まるごと累積線量調査について

本調査は、平成25年9月17日に提供された給食をもって終了しました。
平成25年度横浜市で実施した食品の放射性物質の検査結果について(PDF:315KB)」に掲載されています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局子育て支援部子育て支援課

電話:045-671-2396

電話:045-671-2396

ファクス:045-663-1925

メールアドレス:kd-koshien@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:850-611-083

先頭に戻る