このページの先頭です

健康食品の名称と分類、表示付けについて

最終更新日 2019年3月4日

 いわゆる健康食品のうち一定の要件を満たすものを、「保健機能食品」として特定の表示をすることを認める制度が、平成13年4月1日より施行されています。
 保健機能食品は、食品衛生法及び健康増進法に根拠を持ち、図3のとおり個別に厚生労働大臣が表示許可をする、「特定保健用食品」及び規格基準を満たすものであれば個別に許可を受けることなく表示を行うことのできる「栄養機能食品」の2つのカテゴリーからなります。

図3 健康食品の名称と分類
医薬品(医薬部外品を含む)保険機能食品一般食品
(いわゆる健康食品を含む)
特定保健用食品
(個別許可型)
栄養機能食品
(規格基準型)

特定保健用食品(トクホ)について

 特定保健用食品とは、食生活において特定の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品であり、栄養改善法第12条第1項に基づき、厚生大臣の許可を受けなければならないものとして、平成3年9月1日からスタートしたものです。
 特定保健用食品には図2の許可マークがつけられています。なお、表示許可の内容については、科学的根拠に基づく、健康の維持増進や特定の保健の用途に資する旨の表示が認められていますが、医薬品と誤解されるような、疾病の診断、治療、予防等に関係する表現は認められません。
 平成17年5月30日現在、特定保健用食品の表示を許可している食品は、509商品、表示承認している食品は2商品です。

条件付き特定保健用食品

 平成17年2月から、特定保健用食品のうち、現行の特定保健用食品の許可の際に必要とされる科学的根拠のレベルには届かないが、一定の有効性が確認される食品については、条件付き特定保健用食品として許可されることになりました。これらの食品には、新たに定められた図4のマークがつけられています。

図4条件付特定保健用食品表


バランスの良い食事プラス健康食品のイラスト

 「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。」の表示の義務付け
(平成17年2月1日施行)

 過度に「健康食品」に期待する傾向を是正し、バランスの取れた食生活の普及啓発を図るために、保健機能食品(特定保健用食品及び栄養機能食品)において、容器包装の前面に上記の表示が義務付けられることになりました。
 毎日、バランスの良い食生活を維持しながら、上手に健康食品を使いましょう。

リンク

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所理化学検査研究課

電話:045-370-9451

電話:045-370-9451

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:849-357-331

先頭に戻る