このページの先頭です

苦情事例集 ひょうたんの糠漬け(自家製)による食中毒

最終更新日 2019年3月5日

1.概要

自宅で採れたひょうたんを糠漬けにして、食べたところ嘔吐下痢の症状を呈しました。

生のひょうたんの写真
生のひょうたん

糠漬けのひょうたんの写真
糠漬けのひょうたん


2.検査結果

  • 官能試験:強い苦味を認めました。
  • LC/MS分析:ククルビタシンB、Dのピークとスペクトルを認めました。

3.結論

ひょうたんの苦味成分であるククルビタシンB、Dによるものと推定されました。

4.参考

これまでに、自家製のひょうたんを漬物や味噌汁などにして食べ、嘔吐下痢の症状を呈した事例があります。いずれも、苦味成分であるククルビタシンが原因物質として確認されています。
食用のひょうたんは品質改良された苦味を持たない品種のもので、一般のひょうたんは食用には向きません。

2007年3月8日掲載

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所理化学検査研究課

電話:045-370-9451

電話:045-370-9451

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:175-897-805

先頭に戻る