このページの先頭です

認知症予防

最終更新日 2019年7月25日

認知症に早く気づくということ

認知症に早く気づくことは、次のようなメリットがあります。
①MCI※1段階ならば生活習慣を工夫することで、認知症への移行を遅らせたり、移行せずにすむ場合がある。
②早い段階で薬を飲むことで、進行を緩やかにできることがある。
③本人や家族の状況に合わせて生活を見直すことができる。
※1 Mild Cognitive Impairment : 軽度認知障害のことで、もの忘れが主な症状としてみられるが、日常生活への影響がほとんどなく、認知症とは診断できない状態のこと。

自分でできる認知症の気づきチェックリスト

ご家族や身近な方がチェックすることもできます。

自分でできる認知症の気づきチェックリスト

自分でできる認知症の早期発見チェックリスト」(PDF:399KB)

※このチェックリストの結果は、あくまでもおおよその目安で、医学的診断に代わるものではありません。
 認知症の診断には医療機関の受診が必要です。
※身体機能が低下している場合は、点数が高くなる可能性があります。

こちらも確認!

横浜市では、「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」に合わせて、下のチェックをおすすめしています。
(3つ全てにチェックを入れられるようにしましょう)
□ 年1回健康診断を受けている。
□ かかりつけ医療機関(医師、歯科医、薬局)がある。
□ 外に出る活動(趣味・ボランティア活動など)をしている。

認知症の相談・受診

チェックリストの結果、相談や受診を希望される方のため、さまざまな窓口があります。
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/fukushi-kaigo/koreisha-kaigo/ninchisyo/sodan-jusihn/info.html

横浜市にはこんな事業もあります

・GoGo健康!~健康づくり日本一を目指して~
・よこはま健康スタイル(よこはまウオーキングポイント、よこはま健康スタンプラリー、よこはまシニアボランティアポイント)(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局高齢健康福祉部高齢在宅支援課

電話:045-671-2405

電話:045-671-2405

ファクス:045-550-3612

メールアドレス:kf-zaitaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:579-077-220

先頭に戻る