このページの先頭です

天ぷら油火災 濡らしたシーツによる初期消火

最終更新日 2019年3月11日

  • 火災を発見した場合は、すぐに大きな声で周囲の人に知らせます。
  • なるべく多い人数で、119番通報・初期消火・避難誘導を協力して行います。

重要!!初期消火に失敗した場合に備えて必ず避難路を確保してから初期消火に当たってください。

天ぷら油に火が入った場合に、濡らしたシーツで天ぷらナベを塞ぎ、空気を遮断して消火(窒息消火)する方法です。

シーツを用意する

シーツを用意する

参考:シーツと同様に、タオルケット、大きなバスタオル等も使用することができます。

注意!!座布団、敷き布団、掛け布団等中綿のあるものや、堅いシート状の物は使用できません。


シーツを濡らし絞る

シーツを水で濡らします。の画像
シーツを水で濡らします。

シーツを水で濡らします。の画像
シーツを水で濡らします。


水が垂れない程度に絞ります。の画像
水が垂れない程度に絞ります。


濡らしたシーツを広げる

濡らしたシーツを両手で持ち、体の前面で広げます。の画像
濡らしたシーツを両手で持ち、体の前面で広げます。

濡らしたシーツを両手で持ち、体の前面で広げます。

ポイント:やけどをしないように手を完全に濡れたシーツで包み込みます。


上端から20cm程度折り返し、手首まで完全に差し込むの画像
上端から20cm程度折り返し、手首まで完全に差し込む

1.上端から20cm程度折り返し、手首まで完全に差し込む
2.左右から手のひら全体を包むように巻き込む

注意!!やけどをしないように、手がシーツに完全に隠れているか確認してください。


濡れたシーツを被せ初期消火を行う

シーツ越しに天ぷらナベを確認の画像
シーツ越しに天ぷらナベを確認

  • シーツ越しに天ぷらナベを確認します。
  • 体の正面で濡れたシーツを構え、熱気と炎から身を守りながら天ぷらナベに近づきます。

天ぷらナベを包み込むように濡れたシーツを被せる画像
天ぷらナベを包み込むように濡れたシーツを被せる

天ぷらナベを包み込むように濡れたシーツを被せます。

注意!!濡らしたシーツによる初期消火は、他の方法より炎に近づきます。上体をなるべく離し、特に顔面のやけどに十分注意してください。


濡れたシーツを天ぷらナベに完全に被せる画像
濡れたシーツを天ぷらナベに完全に被せる

濡れたシーツを天ぷらナベに完全に被せます。

注意!!万一、炎に煽られた場合でも、やけど等ケガをすることがないように、天ぷらナベから上体と頭部はできるだけ離してください。


余裕があれば、シーツを持っていた手の部分を天ぷらナベのフチに沿わせ手前に折り返す画像
余裕があれば、シーツを持っていた手の部分を天ぷらナベのフチに沿わせ手前に折り返す

余裕があれば、シーツを持っていた手の部分を天ぷらナベのフチに沿わせ手前に折り返します。天ぷらナベのフチも覆うことでより確実に空気を遮断します。

注意!!ナベに最も近づくためひっくり返したりしないように落ち着いて行ってください。


天ぷらナベを完全に覆えたらコンロの火を消す

シーツは被せたままにする画像
シーツは被せたままにする

注意!!シーツは被せたままにします。
被せた後すぐにシーツを取るとまた燃え出すことがあります。


天ぷらナベをシーツで覆えたらコンロの火を消す画像
天ぷらナベをシーツで覆えたらコンロの火を消す

天ぷらナベをシーツで覆えたらコンロの火を消してください。


重要!!
すぐに濡らしたシーツを取らないでください
コンロの火を消しても、すぐに濡らしたシーツを取るとまた天ぷら油が燃え出すことがあります。
濡らしたシーツを被せてからも、油の温度が発火点より下がるまでは再び燃え出す危険がありますので、油が冷めるまでは濡らしたシーツを取らないでください。

このページへのお問合せ

消防局予防部予防課

電話:045-334-6406

電話:045-334-6406

ファクス:045-334-6610

メールアドレス:sy-yobo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:118-451-269

先頭に戻る