このページの先頭です

救急車の適正利用にご協力ください

最終更新日 2019年5月13日

救急車は、けがや病気などで、緊急に医療機関へ搬送するものです。しかし、最近、通院のための要請などタクシー代わりと思われる救急要請もあります。これは、事故による大けがや心筋梗塞など、重症の人への対応の遅れにもつながってしまいます。このままでは、救える命も救えなくなるかもしれません。真に救急車を必要としている人のために、救急車の適正利用について、市民の皆様の御協力をお願いします。なお、事故の状況や症状からみて、緊急だと感じたら、迷わずすぐに119番通報してください。

大切な命を守るために

大切な命を守るために、市民の皆様に次のことをお願いししています。

  • 救急車を適正に利用する
  • 応急手当を覚える

市民の皆様の御協力は、良質な救急サービスを提供していくための原動力です。今後とも御理解と御協力をお願いします。

医療機関等のご案内

急な病気やけがで救急車を呼ぶか迷ったら

横浜市救急受診ガイド

パソコンやスマートフォンから緊急性や受診の必要性を確認できます。

横浜市救急相談センター♯7119

急な病気やけがで迷ったら、 ♯ 7119(または045-232-7119)とダイヤルいただくと、「救急受診できる病院・診療所」、「今すぐに受診すべきか救急車を呼ぶべきか」を電話相談できます。

横浜市救急相談センター#7119

このページへのお問合せ

消防局警防部救急課

電話:045-334-6413

電話:045-334-6413

ファクス:045-334-6785

メールアドレス:sy-kyukyu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:736-270-120

先頭に戻る