このページの先頭です

「警戒レベル」を用いた避難勧告等の発令について

水害・土砂災害の避難情報等の伝え方が変わります

最終更新日 2019年6月1日

平成30年7月豪雨では、行政機関が出す防災情報の意味が住民等に十分に理解されていなかったことを一つの原因として、西日本において極めて甚大な被害が発生しました。
この教訓を踏まえ、内閣府により「避難勧告等に関するガイドライン」が改定され、市民のみなさまが災害時に情報の意味を直感的に理解し、避難行動を容易にとれるよう、避難情報を5段階の「警戒レベル」を用いて提供するとともに、とるべき行動を明確化することとなりました。

「警戒レベル」の内容

「警戒レベル」の内容については、次の表のとおりです。

警戒レベルごとの「とるべき行動」及び「避難情報」等(注釈1)
警戒レベル とるべき避難行動等

避難情報等

防災気象情報
(警戒レベル相当情報)(注釈2)

警戒レベル5

既に災害が発生している状況です。
命を守るための最善の行動をとりましょう。

【横浜市が発令】
災害発生情報(注釈3)

警戒レベル5相当情報
氾濫発生情報
大雨特別警報

警戒レベル4
全員避難

速やかに避難先へ避難しましょう。
避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

【横浜市が発令】
避難勧告
避難指示(緊急)(注釈4)

警戒レベル4相当情報
氾濫危険情報
土砂災害警戒情報

警戒レベル3
高齢者等は避難

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。
その他の人は、避難の準備をしましょう。

【横浜市が発令】
避難準備・高齢者等避難開始

警戒レベル3相当情報
氾濫警戒情報

洪水警報
警戒レベル2

避難に備え、ハザードマップ等により、
自らの避難行動を確認しましょう。

【気象庁が発表】
洪水注意報
大雨注意報等

 
警戒レベル1 災害への心構えを高めましょう。

【気象庁が発表】
早期注意情報

 

注釈1:各種の情報は、警戒レベル1~5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。
注釈2:警戒レベル相当情報・・・国や都道府県が発表する指定河川洪水予報、大雨警報、土砂災害警戒情報等については、住民が自主的に避難行動をとるために参考とするため、「警戒レベル相当情報」として提供されます。
注釈3:災害発生情報・・・災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令します。
注釈4:避難指示(緊急)・・・地域の状況に応じて緊急的又は重ねて避難を促す場合等に発令します。

横浜市からの避難情報の発信

横浜市からは、従来から運用している緊急速報メール、防災情報Eメール、ツイッター等の配信手段により、「警戒レベル」及び「とるべき行動」等を明記して避難情報等を配信します。

配信文例(防災情報Eメールの場合)

件名:【警戒レベル4】避難勧告の発令について

こちらは横浜市です。
令和○年○月○日○時○分、土砂災害警戒情報の発表に伴い、【警戒レベル4】避難勧告を発令しました。
対象区域は次のとおりです。

<避難勧告の対象区域>
○○区○○一丁目の一部
○○区○○二丁目の一部

<とるべき行動>
対象区域にお住いの方は、避難場所などへ避難行動を開始してください。
避難場所への避難が困難な場合は、建物の2階以上(崖地と反対側の部屋)に一時的に避難するなどの行動をとってください。

対象区域外にお住いの方も、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害に十分警戒いただくとともに、テレビやラジオ、インターネット等で最新の気象情報を確認してください。

各配信ツールについて

「警戒レベル」の運用に関する参考ページ等

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

総務局危機管理部緊急対策課

電話:045-671-2064

電話:045-671-2064

ファクス:045-641-1677

メールアドレス:so-kinkyu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:105-142-600

先頭に戻る