このページの先頭です

台風などの災害時によくある質問

最終更新日 2021年5月21日

目次

避難関連

緊急速報メール(エリアメール)関連

よくあるご質問と回答

避難関連

Q
「警戒レベル」とは何ですか。
A
  • 避難指示等の避難情報等の意味を、市民のみなさまが災害時に直感的に理解し、避難行動を容易にとれるよう用いられるものです。
  • 避難情報等を5段階の「警戒レベル」を用いて発信するとともに、取るべき行動を明確化しています。
  • 詳細は関連ページもご参照ください。

関連ホームページ

Q
「高齢者等避難【警戒レベル3】」とは何ですか。
A
  • 避難情報の一つで、気象情報などに注意していつでも避難を始められるよう準備を促すとともに、危険を感じる方や避難に時間を要する方(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難を開始することを呼びかけるために発令するものです。
  • 発令された場合は、危険な場所からご高齢の方などは避難してください。

関連ホームページ

Q
「避難指示【警戒レベル4】」とは何ですか。
A
  • 速やかに避難場所へ避難をしてください。
  • 避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難してください。
  • 発令された場合は、危険な場所から全員避難してください。

関連ホームページ

Q
「緊急安全確保【警戒レベル5】」とは何ですか。
A
  • 避難情報の一つで、既に災害が発生している、または、災害が発生する可能性が高い状況において、対象地域内の住民等に対し、命を守る最善の行動を促すために発令するものです。
  • 緊急安全確保が発令された段階でまだ避難できていない場合は、自宅の少しでも安全な部屋に移動したり、すぐ近くに安全な建物があればそこに移動するなど、緊急的に安全確保をする行動をとってください。

関連ホームページ

Q
「即時避難指示対象区域」とは何ですか。
A
  • 「土砂災害警戒情報」の発表とともに「避難指示【警戒レベル4】」を一斉に発令する区域です。
  • この区域に対し避難指示【警戒レベル4】を発令した場合、横浜市から緊急速報メールを発信します。
  • 台風の接近などにより、夜間に「土砂災害警戒情報」の発表が予想される場合には、早めの避難を呼びかけるために、即時避難指示対象区域と同一の区域に対し「高齢者等避難【警戒レベル3】」を発令する可能性があります。
  • 「即時避難指示対象区域」の詳細な場所等は、関連ホームページをご参照ください。

関連ホームページ

Q
「土砂災害警戒情報」とは何ですか。
A
  • 命に危険を及ぼす土砂災害がいつ発生してもおかしくない状況となったときに、住民の自主避難の判断等を支援するよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報です。都道府県と気象庁が共同で発表しています。
  • 神奈川県では、「土砂災害警戒情報」発表時に「緊急速報メール(エリアメール)」が配信されます。
  • 横浜市の場合、発表単位は「横浜市北部(注記1)」、「横浜市南部(注記2)」です。
  • 横浜市の場合、「土砂災害警戒情報」の発表とともに「避難指示【警戒レベル4】」を一斉に発令する区域を定めています。詳細は関連ホームページをご参照ください。

(注記1)横浜市北部:青葉区、旭区、泉区、神奈川区、港北区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、緑区
(注記2)横浜市南部:磯子区、金沢区、港南区、栄区、戸塚区、中区、西区、保土ケ谷区、南区

関連ホームページ

Q
「避難指示【警戒レベル4】」等の避難情報を確認する手段・方法は何がありますか。
A

主に次の方法で確認することができます。

  • テレビ(テロップ、データ放送)
  • ラジオ
  • 防災情報Eメール(事前登録が必要です。登録方法は関連ホームページをご参照ください。)
  • 横浜市防災ツイッター(Twitter)
  • 緊急速報メール(エリアメール)
  • Yahoo!防災速報(アプリのインストール及び設定が必要です。詳細は関連ホームページをご確認ください。)

関連ホームページ

緊急速報メール(エリアメール)関連

Q
「緊急速報メール(エリアメール)」とは何ですか。
A
  • 市民のみなさまへの情報発信手段の一つで、「災害・避難情報」等を、横浜市内にいる方に一斉にメールを配信するサービスです。
  • 横浜市内の携帯電話等にメールを配信するため、横浜市在住者でも市外にいる場合は受信できません。
  • ご契約の携帯電話事業者や機種によっては受信できない場合があります。詳細については各携帯電話事業者にお問合せください。

関連ホームページ

Q
「緊急速報メール(エリアメール)」は受信料がかかりますか。
A
  • 受信料は無料です。

関連ホームページ

Q
「緊急速報メール(エリアメール)」を受信するには事前登録が必要ですか。
A
  • メールアドレス等の事前登録は不要です。

関連ホームページ

Q
「緊急速報メール(エリアメール)」を受信しない設定にするにはどうればいいですか。
A
  • お持ちの携帯電話のキャリアや機種等によって設定方法が異なりますので、各社Webページや窓口等でお問合せください。

関連ホームページ

Q
「緊急速報メール(エリアメール)」はマナーモードでも着信音が流れますか。
A
  • お持ちの携帯電話のキャリアや機種等によっては、マナーモードやドライブモードであっても、着信音が流れることがあります。音量等を調整した場合は、キャリアや機種等によって対応が異なりますので、各社Webページや窓口等でお問合せください。

関連ホームページ

Q
避難指示の対象区域ではないのに、「緊急速報メール(エリアメール)」を受信したのはなぜですか。
A
  • 「緊急速報メール(エリアメール)」は、緊急時において、市内全域や配信対象区全域などの一定の配信エリアに存在する携帯電話等に対し、一斉にメールを配信するサービスです。そのため、避難指示等の対象区域内ではなくても、市内や配信対象区内にいる場合には「緊急速報メール(エリアメール)」が配信されます。
  • 市境及び配信対象区境付近では、配信エリア外でも受信することがあります。

関連ホームページ

Q
横浜市在住なのに、市外にいたら「緊急速報メール(エリアメール)」を受信できなかったのはなぜですか。
A
  • 「緊急速報メール(エリアメール)」は、市内全域や配信対象区全域などの一定の配信エリアに存在する携帯電話等に対し、一斉にメールを配信するサービスです。そのため、横浜市在住者でも市外にいる場合は受信できません。

関連ホームページ

Q
横浜市在住ではないのに、仕事や観光などで市内にいたら「緊急速報メール(エリアメール)」を受信したのはなぜですか。
A
  • 「緊急速報メール(エリアメール)」は、市内全域や配信対象区全域などの一定の配信エリアに存在する携帯電話等に対し、一斉にメールを配信するサービスです。そのため、横浜市在住者ではなくても市内にいる場合は配信されます。

関連ホームページ

Q
「緊急速報メール(エリアメール)」を受信できないのはどのような場合ですか。
A

主に次のような場合に「緊急速報メール(エリアメール)」を受信することができません。

  • メール配信時刻に配信エリア外(市外や配信対象区外など)や電話状態が悪い場所にいた場合
  • お持ちの携帯電話が、「緊急速報メール(エリアメール)」に対応していない場合(気象庁が配信する「緊急地震速報」等に対応していても、自治体が配信する「災害・避難情報」に対応していない場合があります。)
  • お持ちの携帯電話の設定が「緊急速報メール(エリアメール)」を受信しない設定になっている場合

関連ホームページ

Q
「緊急速報メール(エリアメール)」を受信できない場合、どうやって避難情報等を確認すればいいですか。
A

「緊急速報メール(エリアメール)」以外に、主に次のような方法で避難情報等を受信することができます。

  • テレビ(テロップ、データ放送)
  • ラジオ
  • 防災情報Eメール(事前登録が必要です。登録方法は関連ホームページをご参照ください。)
  • 横浜市防災ツイッター(Twitter)
  • Yahoo!防災速報(アプリのインストール及び設定が必要です。詳細は関連ホームページをご確認ください。)

関連ホームページ

このページへのお問合せ

総務局危機管理部緊急対策課

電話:045-671-2064

電話:045-671-2064

ファクス:045-641-1677

メールアドレス:so-kinkyu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:711-138-819

先頭に戻る