このページの先頭です

子育て 医療費 助成 援助

最終更新日 2018年12月5日

助成・援助制度

子どもの医療費補助
お子さんのいる人の補助
障害者の医療費
ひとり親家庭の援助

□小児医療費助成制度

保険係、区役所2階23番窓口、電話:045‐847‐8423、045‐847‐8424
小児医療費助成制度は、0歳から中学卒業のお子さんが対象です。
1歳以上は所得制限・助成の範囲などいろいろ条件があります。
詳しくは小児医療費助成(健康福祉局)のページ

0歳児の医療費の助成の申請方法
▽手続き
お子さんの名前を載せた健康保険証をもって、区役所保険係で手続きをしてください。郵送での申請も受け付けています。
詳細はこちらをご覧ください。
お子さんの名前が載った小児医療証をお渡しします。
(神奈川県内の医療機関では保険証と小児医療証を提示すると、保険診療の自己負担分が無料になります。県外の場合は、申請により後日払い戻しとなります。)
☆手続きに必要なもの/お子さんの名前が載った保険証、印鑑(朱肉を使うもの)

住所が変わったら

横浜市内で住所を変更した場合
・・・前の区の小児医療証と、健康保険証、印鑑を持って届け出を。
横浜市外から転入してきた場合
・・・児童手当用の所得証明書、健康保険証、印鑑を持って届け出を。

□お子さんが特別な病気にかかったときの医療費補助

こども家庭係、区役所4階40番窓口、電話:045‐847‐8410
小児慢性特定疾病医療給付・育成医療給付・養育医療(未熟児)制度があります。
詳しくはこちらのページ

住所が変わったら

横浜市外から転入してきた場合
・・・健康保険証、医師の医療意見書を持って届け出を。

□お子さんが未熟児で生まれたら

保健師がご自宅へ伺って保健指導や育児相談をします。
(こども家庭係 電話:045‐847‐8410)
指定医療機関に入院した場合、医療費の補助があります。
(こども家庭係 電話:045‐847‐8410)
詳しくはこちら(外部サイト)

□児童手当

詳しくは「児童手当」のページをご覧ください。

□横浜市子育て世帯臨時特例給付金

横浜市子育て世帯臨時特例給付金については
→こちら「横浜市こども青少年局」横浜市子育て世帯臨時特例給付金のページ(外部サイト)

□特別児童扶養手当・障害児福祉手当

こども家庭係、区役所4階40番窓口、電話:045‐847‐8457
20歳未満の障害児への補助です(所得制限、障害等級によって支給額が変わります。)
詳しくは健康福祉局のページ

□重度障害者医療費の助成

保険係、区役所2階23番窓口、電話:045‐847‐8423、045‐847‐8424
身体障害者手帳1・2級の方、または愛の手帳(療育手帳)A判定の方、または、身障3級で愛の手帳B判定の方などの場合、保険診療の一部負担の助成があります。
▽必要なもの/身体障害者手帳または愛の手帳等、健康保険証、印鑑

このページへのお問合せ

港南区福祉保健センターこども家庭支援課

電話:045-847-8410

電話:045-847-8410

ファクス:045-842-0813

メールアドレス:kn-kodomokatei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:456-864-624

先頭に戻る