このページの先頭です

スポーツ振興課の主な事業

最終更新日 2020年4月6日

スポーツ振興課では、市民一人一人が生涯を通じてスポーツを実践することによって、健康で、豊かな生活が送れるよう、生涯スポーツの振興を図るための施策を進めています。

1スポーツ推進委員の支援
地域スポーツ活動の推進役を担うスポーツ推進委員の研修会等を開催しています。

2総合型地域スポーツクラブの育成
誰もが身近な場所で、気軽にスポーツ活動が行える環境をつくるために、自分たちの手で運営し、いつでも、あらゆる世代が色んな種目を楽しむことができる「総合型地域スポーツクラブ(外部サイト)」の育成・支援を行います。

3ヨコハマさわやかスポーツの普及
各区に設置された「さわやかスポーツ普及委員会」が中心となって、子どもから高齢者まで、誰もが気軽に楽しむことができる「さわやかスポーツ(外部サイト)」を通じてスポーツに親しむ機会を提供します。

4子どもの体力向上事業
子どもの体力向上を目的に、小学校の中休みや放課後を活用し「いきいきキッズ事業」を実施しています。また、平成28年度からは幼児を対象とした保育園への訪問運動指導「はつらつキンダー事業」を実施しています。これらの事業では、子どもたちが主体的、日常的に体を動かし、適切な運動習慣を身に付けることを目的としています。

5地域スポーツ指導者の育成
スポーツ・レクリエーション活動の一層の普及・振興を図るため、「横浜市スポーツ・レクリエーション人材養成講座」、「競技指導者養成講習会」を開催しています。

6各競技団体や区体育協会への支援
各競技団体や区体育協会と連携し、スポーツ振興を図ります。

各競技団体のホームページはこちら(横浜市スポーツ協会HP内)(外部サイト)
区体育協会のホームページはこちら(横浜市スポーツ協会HP内)(外部サイト)

市民スポーツの普及・振興を図るため各種大会・競技会等を開催しています。また、スポーツを通じた国際間の友好を深めるため国際スポーツ交流事業を実施しています。

1市民参加型スポーツイベントの開催
横浜マラソン(外部サイト)」、「YOKOHAMAビーチスポーツフェスタ」、「横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル」、「横浜シーサイドトライアスロン(外部サイト)」などを開催します。

2大規模スポーツイベントの誘致
市内の大型施設などで、国際都市横浜にふさわしいスポーツイベントが開催されるよう誘致に取り組んでいます。
【実施例】「皇后盃全日本女子柔道選手権大会」、「世界トライアスロンシリーズ横浜大会(外部サイト)」、
「ジャパンオープン荻村杯」、「全日本ジュニア体操競技選手権大会」、
「国際ジュニア体操競技選手権大会」、「全日本少年軟式野球大会」

3プロスポーツチームの支援
横浜DeNAベイスターズ(外部サイト)横浜F・マリノス(外部サイト)横浜FC(外部サイト)横浜ビー・コルセアーズ(外部サイト)の4チームへの応援を盛り上げるため、市民とそれぞれのチームとの交流推進等を行います。

4スポーツ国際交流事業
2002年ワールドカップサッカーを共催した韓国の開催都市(仁川)とサッカーを通して、また、都市間パートナー確認書にもとづく都市(台北)とバスケットボールを通し、国際交流を実施しています。

横浜市のスポーツ振興を市として一体となって支える団体である公益財団法人横浜市スポーツ協会(外部サイト)等を助成しています。

スポーツ情報センター(公益財団法人横浜市スポーツ協会(外部サイト)が運営)ではスポーツ施設の利用案内やスポーツセンターの空き情報、サークル、指導者、行事、講座の紹介などのほかスポーツ図書・資料・ビデオの閲覧やスポーツ関連の展示、スポーツ情報誌「SPORTSよこはま」の発行(web版については、横浜市スポーツ情報サイト「ハマスポ(外部サイト)」で掲載しています。)等を行っています。

横浜市トップへ戻る

このページへのお問合せ

市民局スポーツ振興部スポーツ振興課

電話:045-671-3287

電話:045-671-3287

ファクス:045-664-0669

メールアドレス:sh-sports@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:784-792-690

先頭に戻る