このページの先頭です

飼い犬の登録事務等

最終更新日 2020年3月6日

犬の登録と狂犬病予防注射

生後91日以上の全ての犬は登録と毎年の狂犬病予防注射が義務づけられています。


狂犬病予防法施行規則(抜粋)


第11条_生後91日以上の犬(次項に規定する犬であって、3月2日から6月30日までの間に所有されるに至ったものを除く。)の所有者は、法第5条第1項の規定により、その犬について、狂犬病の予防注射を4月1日から6月30日までの間に1回受けさせなければならない。ただし、3月2日以降において既に狂犬病の予防注射を受けた犬については、この限りでない。


2_生後91日以上の犬であって、3月2日(1月1日から5月31日までの間にその犬を所有するに至った場合においては、前年の3月2日)以降に狂犬病の予防注射を受けていないもの又は受けたかどうか明らかでないものを所有するに至った者は、法第5条第1項の規定により、その犬について、その犬を所有するに至った日から30日以内に狂犬病の予防注射を受けさせなければならない。



福祉保健センター窓口での登録

登録について
 福祉保健センター窓口にお持ちいただくものお渡しするもの
初めて登録の方
  1. 狂犬病予防注射済証(獣医さんで犬の狂犬病予防注射を受けるともらえます。)
  2. 手数料3,550円(登録手数料3,000円、注射済票交付手数料550円)
  1. 鑑札
  2. 注射済票
  3. 登録袋(緑の封筒)
  4. 門標シール
2年目以降の方
  1. 狂犬病予防注射済証(獣医さんで犬の狂犬病予防注射を受けるともらえます。)
  2. 福祉保健センターから送付する狂犬病予防注射済票交付申請書(3連の用紙)
  3. 登録袋(初回登録時にお渡しする緑の袋)
  4. 注射済票交付手数料550円

※2、3については、ない場合は窓口でお申し出ください。

注射済票

鑑札は犬の一生涯有効となります。引っ越しなどの時に登録をしてある証明になりますのでなくさないようにしてください。

なお、横浜市では公益社団法人横浜市獣医師会との共催で、毎年4月中、地域の出張会場で登録と予防注射及び注射済票の交付を行っております。

令和2年度犬の登録と狂犬病予防注射出張会場のページ横浜市コンテンツにリンク

一部の動物病院で、集合注射会場と同様に注射当日に狂犬病予防注射済票の交付が受けられます。犬を登録済みの方に3月中旬にお届けする「お知らせ」に、対象動物病院の一覧を同封しています。


動物病院で狂犬病予防注射を受ける場合のご注意

  • 4月から6月は動物病院が混み合いますので、事前に各動物病院にお問合せください。
  • 注射料金は動物病院によって異なります。
  • 注射料金のほか、狂犬病予防注射済票交付手数料(550円)がかかります。

犬の登録事項の変更

引越し、犬を譲渡して飼い主が変わったなど、登録事項に変更が起きたとき、飼い犬が死亡したときは福祉保健センターにお届けください。

飼い主の氏名または飼い主の変更

飼い主の氏名や飼い犬の名前が変わったとき、また飼い主が変わったときは、区役所生活衛生課にて飼い犬の登録事項変更届を提出してください。
→金沢区在住の方は、生活衛生課環境衛生係(区役所4階407番の窓口)へ

<必要なもの>

  1. 飼い犬の登録事項変更届
    (窓口に用意してあります)
  2. 鑑札
    ※紛失された場合、再交付手数料として1,600円かかります。
  3. 手数料
    変更手数料は無料です。

住所の変更(転居した場合)

住所地が変更になったとき(転居したとき)は、新しい住所地の狂犬病予防担当部署にて届出を行ってください。

横浜市内での住所変更(転居)

新しい住所地の区役所生活衛生課にて、登録事項変更届を提出してください。
→金沢区に転入してきたときは、生活衛生課環境衛生係(区役所4階407番の窓口)へ

<必要なもの>

  1. 飼い犬の登録事項変更届
    (窓口に用意してあります)
  2. 前の住所地で発行された鑑札
    (紛失された場合は、再交付を受けてください。手数料1,600円)
  3. その年度に発行された注射済票(狂犬病予防注射済証)
    →注射未接種の場合は窓口で申し出てください。
  4. 手数料
    変更手数料は無料です。

横浜市外からの住所変更(転居)

新しい住所地の狂犬病予防担当部署にて飼い犬の登録事項変更届を提出してください。
→金沢区に転入してきたときは、生活衛生課環境衛生係(区役所4階407番の窓口)へ

<必要なもの>

  1. 飼い犬の登録事項変更届
    (窓口に用意してあります)
  2. 前の住所地で発行された鑑札
    (紛失された場合は、再交付を受けてください。手数料1,600円)
  3. その年度に発行された注射済票(狂犬病予防注射済証)
    →注射未接種の場合は窓口で申し出てください。
  4. 手数料
    変更手数料は無料です。

飼い犬が亡くなったら

遺体の引き取り

飼い犬や猫などが死亡した場合は、資源循環局金沢事務所へご相談ください。

<連絡先>
資源循環局金沢事務所(金沢区幸浦2-2-6(金沢工場となり))電話:045-781-3375
資源循環局金沢事務所のページ横浜市コンテンツにリンク

また、火葬を希望される方は、民間のペット葬儀社又は戸塚斎場(横浜市営)に、ご相談ください。

<連絡先>
戸塚斎場(戸塚区鳥が丘10-5)電話:045-864-7001
戸塚斎場の案内のページ横浜市コンテンツにリンク

登録の抹消

飼い犬が死亡した場合は、登録を抹消しますので、生活衛生課環境衛生係(区役所4階407番の窓口電話:045-788‐7873)に死亡した旨の届出をしてください。
手数料は無料です。

このページへのお問合せ

金沢区福祉保健センター生活衛生課環境衛生係

電話:045-788-7873、045-788-7874

電話:045-788-7873、045-788-7874

ファクス:045-784-4600

メールアドレス:kz-eisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:371-438-487

先頭に戻る