このページの先頭です

認知症高齢者と家族へのサービス

最終更新日 2019年1月28日

認知症高齢者保健福祉相談事業

対象者

認知症状のある高齢者及びその家族への相談援助を通して、高齢者の精神保健福祉の向上を図ります。
認知症高齢者の健康状態や介護について、家族の知識と理解を深めることを目的とします。

内容

専門医、医療ソーシャルワーカー、保健師等が認知症に関する相談に応じます。
医療や介護に関する相談、訪問を行います。

窓口

神奈川区高齢・障害支援課
別館3階301窓口
電話:045-411-7110
ファクス:045-324-3702

徘徊認知症高齢者地域支援事業

徘徊認知症高齢者関係機関連絡会

区役所、警察署、消防署、医療機関、地域関係団体等の関係機関で構成される区連絡会を開催します。
地域での支えあい意識の向上や徘徊認知症高齢者の徘徊防止・早期発見について、情報交換や啓発活動を行います。

徘徊認知症高齢者の一時保護

警察に保護された身元のわからない徘徊認知症高齢者を特別養護老人ホーム等で一時保護を行います。

神奈川区徘徊高齢者SOSネットワーク

神奈川区在住の高齢者が徘徊により行方不明になった場合、すみやかに発見・保護できるようにするシステムです。
徘徊の可能性のある高齢者を、ご家族が事前に登録することにより、ご家族にも安心していただけます。

登録時にお持ちいただくもの

  1. ご本人の写真3枚(同じものをカラーコピーしたもので可)
  2. 緊急連絡先の住所・電話番号
  3. ご本人のご印鑑

神奈川区徘徊認知症高齢者SOSネットワークパンフレット

各種様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

神奈川区福祉保健センター高齢・障害支援課

電話:045-411-7110

電話:045-411-7110

ファクス:045-324-3702

メールアドレス:kg-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:125-918-033

先頭に戻る