このページの先頭です

横浜市資産活用基本方針

最終更新日 2023年9月26日

横浜市資産活用基本方針を改定しました

 横浜市では、土地・建物等保有資産の有効活用を総合的に推進するための基本的な考え方・方向性を示すものとして平成22年に「横浜市資産活用基本方針」を策定し、利活用を進めてきました。
 令和4年6月に策定した財政ビジョンを踏まえ、「資産の戦略的利活用による価値の最大化」を実現するために、市民意見募集の結果などを踏まえ、「横浜市資産活用基本方針」を同年12月に大幅に見直し、改定しました。
 ※令和5年度のファシリティマネジメント(FM)推進体制の発足に伴い、横浜市資産活用基本方針の本文を読み替えます。

読み替えについて

横浜市資産活用基本方針(令和4年12月改定版)

参考資料

横浜市資産活用基本方針の策定・改定の経緯

 保有土地等の活用・縮減に関する計画や方針を整理統合するとともに、新たな資産経営の視点からの取組を強化し、資産の有効活用を総合的に推進するための基本的な考え方・方向性を示すものとして、平成22年3月に「横浜市資産活用基本方針」を策定しました。
 なお、策定から4年が経過する中で、本市を取り巻く状況の変化などを踏まえ、平成27年3月に一部改訂を行いました。

参考資料(平成27年3月改訂版)

参考資料(平成22年3月策定版)

未利用等土地の適正化ガイドラインについて

概要

 「横浜市資産活用基本方針」を踏まえ、財政ビジョンの目標である「未利用等土地の適正化目標」の実現に向けた庁内向けの手引きを令和5年3月に作成しました。

参考資料

用途廃止施設の活用・処分運用ガイドラインについて

概要

 「横浜市資産活用基本方針」で定めた用途廃止施設の活用・処分に関する基本原則を具体化し、用途廃止決定時から活用・処分に至るまでの具体的な流れと、各区局統括本部の役割を定めるものとして、平成23年4月に「用途廃止施設の活用・処分運用ガイドライン」を策定しました。
 なお、策定から9年が経過する中で、本市を取り巻く状況の変化などを踏まえ、令和2年12月に一部改定を行いました。

参考資料

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

財政局ファシリティマネジメント推進部ファシリティマネジメント推進課企画担当(資産経営)

電話:045-671-2271

電話:045-671-2271

ファクス:045-662-5369

メールアドレス:za-shisan-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:415-869-752

先頭に戻る