このページの先頭です

季刊誌「横濱」

最終更新日 2021年10月6日

 横浜の歴史、地域、文化、人々など多彩な魅力を紹介する雑誌として、年4回発行しています。開国・開港やそれ以前からの横浜の歩みをひもとくとともに、異国情緒とロマンあふれる街並み、そこで働き暮らす人々、食や文化にスポットをあてて紹介しています。

2021年秋号(74号/2021年10月6日発行)

特集:「旧東海道三宿を歩く」

 江戸時代の横浜市域には旧東海道の神奈川宿、保土ケ谷宿、戸塚宿の3つの宿場があり、旅籠や商店などが軒を連ねて大いに賑わっていました。本号では、鶴見から藤沢まで旧東海道を実際に歩き、かつての宿場や街道の風情が残る見どころを紹介するほか、浮世絵や古写真などで当時を振り返ります。

  • 東海道と横浜の宿場
  • いにしえの神奈川宿・保土ケ谷宿・戸塚宿を見る
  • 浮世絵で見る神奈川宿・保土ケ谷宿・戸塚宿
  • 鶴見を歩く、神奈川宿を歩く、浅間下を歩く、保土ケ谷宿を歩く、権太坂から品濃坂へ歩く、戸塚宿を歩く、大坂下から遊行寺へ歩く、藤沢宿を歩く、番外編 かなさわ道を歩く
  • 旧東海道の難所を抱える 箱根駅伝戸塚中継所の見どころ
  • 旧東海道の高所から富士山を望む─俣野別邸庭園と俣野別邸 など

主な連載

  • 町の記憶 特別編 泉区周辺~学校と地域の歩み~
  • 市バス・地下鉄で横浜再発見 市営バス321系統に乗って金沢区の今と歴史と自然を巡る ほか
  • ウォッチ!よこはま 5分間の空中散歩に見る横浜・都市デザインの50年
  • 横浜の底力 新たなつながり そして起業……。横浜に新風が吹いている
  • 横浜港物語 多様化する横浜港の観光船
  • 横浜人物誌 近代警察を育てた 碇山 晋
  • 近代横浜はずっと文化芸術の街だった 横浜の江戸型山車のゆくえ

※新型コロナウイルス感染症の状況により掲載イベント等の内容が変更となっている場合があります。 詳しくは各ホームページや各イベントの問い合わせ先にご確認ください。
※季刊誌『横濱』は神奈川新聞社(外部サイト)と横浜市が協働で編集しています。

販売価格

630円(税込)

販売場所

お問合せ神奈川新聞社(外部サイト)クロスメディア営業局 (電話:045-227-0850)

DAISY録音図書について

利用・貸出など

横浜市立中央図書館(西区老松町1)

電話:045-262-0050

ファクス:045-262-0052

※開館状況については 図書館からのお知らせをご覧ください。

神奈川県ライトセンター(旭区二俣川1-80-2)

電話:045-364-0022

ファクス:045-361-8376

販売場所

市庁舎3階 市政刊行物・グッズ販売コーナー(郵送対応も可能)

販売価格:600円(税込)

電話:045-671-3600

バックナンバーについて

 市庁舎3階 市政刊行物・グッズ販売コーナー(郵送対応も可能)、富士山マガジンサービス(雑誌のオンライン書店)(外部サイト)などで販売しています。
 バックナンバーの詳細、お求めについては神奈川新聞社ウェブサイト(外部サイト)をご覧ください。

このページへのお問合せ

市民局広報相談サービス部広報課

電話:045-671-2331

電話:045-671-2331

ファクス:045-661-2351

メールアドレス:sh-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:478-438-540

先頭に戻る